高津区版 掲載号:2015年3月13日号

意見広告

未来に投資する社会の実現を

前川崎市議会議員 ほりぞえ健(けん)

ほりぞえ健(けん)
ほりぞえ健(けん)

 「日本全体では人口が減り始めているけれど、川崎市では増えているようだし、まだ大丈夫」と考えている方も決して少なくないと思います。しかし実際には、川崎市においてすら厳しい現実が進行しつつあります。

 過去10年間で、川崎市の人口は確かに1割以上増えました。ところが市の予算額は、この間ほとんど横ばいから微増にとどまっています。つまり、市民一人当たりの予算額は、すでに減り始めていることになります。

 他方で、福祉予算である民生費を見ると、この10年間で5割以上も増えてきました。75歳以上のお年寄りの数は、今後10年でさらに約4割増えると予測されています。また、少子化傾向もあまりに急速に進みつつあり、それに歯止めをかけるためにも子育て支援策の強化が必要です。

 市民一人当たりの予算は年々減り始めている中で公的サービスは量の面でも質の面でも充実させることが求められており、この相反する問題にどう取り組んでいくのかが問われています。

 すべての市民が生涯にわたって安心して住み続けることができる川崎市の実現は「できれば達成したい」という目標ではなく「必ず達成しなければならない」課題であると私は思います。そのためには、まずは厳しい現実を直視することが必要です。川崎市がどうなっており、そして私たちの努力でどうなりうるのか。

 問題を先送りすることで未来を食い潰すのではなく、未来に投資する社会を実現することは、今に生きる私たち大人の責務ではないでしょうか。
 

ほりぞえ 健

高津区下作延2-13-1西

TEL:044-982-3721

http://www.horizoe.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6件

市内経済の取組等について質問

志高く真摯に市政へ 市政リポート【17】

市内経済の取組等について質問

1月20日号

神奈川県民の2/3は政令指定都市の市民

数値でみる川崎と高津No.20 シリーズ

神奈川県民の2/3は政令指定都市の市民

1月6日号

初心忘れず、議員活動10年目

「くにこ」の県庁見聞録

小川くにこ県議に新春インタビュー 編集・制作/政策科学総合研究所 連載207回

「くにこ」の県庁見聞録

1月1日号

おいしい給食と豊かな食育を

市政報告

おいしい給食と豊かな食育を

1月1日号

橘樹郡衙跡にふさわしい公園整備を

関連記事(ベータ版)

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇一二回

    高津物語

    「逢えてよかったね ―小原孝と逢える街―」

    9月15日号

  • 高津物語

    連載第一〇一一回

    高津物語

    「玉川砂利鉄道株式会社 第壱回営業報告書」

    9月8日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年9月15日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/