高津区版 掲載号:2016年10月7日号
  • googleplus
  • LINE

数値でみる川崎と高津No.17 シリーズ川崎は産業のまち?住宅のまち?川崎市議会議員 ほりぞえ健(けん)

 前々回、居住区域外に通勤・通学している市民のうち、8割以上は市外に向かっていると書きました。川崎市民は、意外と他の行政区に行く機会が少ないせいか、自分の住んでいる地域が「川崎市」のイメージとなりがちです。しかし、実際には、行政区ごとの違いは、決して小さくありません。

 下のグラフは、居住区民数に対し事業所の従事者数を比べたものです。高津区では、人口22万人に対し、6万9千人の事業所従事者がいます。これに対し、川崎区では、人口は高津区よりも少ないものの、従事者数は16万5千人にのぼります。

 当然ながら、必要とされる都市インフラや行政サービスも、住宅が多い地域なのか、それとも事業所や従業者が多い地域なのかによって、違ってきます。

 その地域が、どんな使われ方をしているかで、まちの雰囲気も変わります。私の住んでいる高津区民にとっては、都内の世田谷区や、横浜市の都筑区などの方が、同じ川崎市の川崎区よりも身近に感じるのではないでしょうか。

 地域ごとの違いを重視した市政運営が、より重要になってきています。

川崎市議会議員 ほりぞえ 健

http://www.horizoe.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6件

市長へ高津区の来年度予算を要望

志高く真摯に市政へ 市政リポート㉕

市長へ高津区の来年度予算を要望

11月24日号

橘樹官衙遺跡群の活用素案明らかに

誰もが安心できる街・川崎へ前進!

10周年議会質問集を発行

増加する外国人市民

数値でみる川崎と高津No.30 シリーズ

増加する外国人市民

11月3日号

教育プランと市バス満員通過の新たな展開

志高く真摯に市政へ 市政リポート㉔

教育プランと市バス満員通過の新たな展開

10月27日号

高津区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ノロウイルスのうそ・ほんと

ノロウイルスのうそ・ほんと

11月28日 川崎市役所

11月28日~11月28日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇二二回

    高津物語

    「多摩川の洪水対策」

    11月24日号

  • 高津物語

    連載第一〇二一回

    高津物語

    「宿屋」

    11月17日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年11月24日号

お問い合わせ

外部リンク