横須賀版 掲載号:2017年11月3日号
  • googleplus
  • LINE

記念艦と商店街2つの三笠がタッグ優待入艦←→割引サービス

経済

全長4mの半立体の三笠パネルが人目を引く
全長4mの半立体の三笠パネルが人目を引く
 稲岡町の記念艦「三笠」が日本遺産の構成文化財として追加認定を受けたことを記念して、横須賀中央の三笠ビル商店街入口2カ所に全長4mある半立体型の三笠パネルが設置された。

 今月3日(金)から記念艦と商店街による「三笠×MIKASAタッグキャンペーン」もスタート。記念艦の観覧券を持参してキャンペーン参加店で買物をすると割引などのサービスが受けられ、各店では買物客に記念艦の優待観覧券(300円)を配布する。期間は12月27日(水)まで。

 三笠にちなんだ限定商品を扱う店舗もあり、菊秀刃物店では船体の刻印が入った包丁を製作。地球堂靴店では船体の色(グレー×赤)を表現したオリジナルシューズを刻印入りの中敷きを付けて注文販売する。

 12月2日(土)には、商店街内で日本遺産と三笠にちなんだ講演会も予定している。

横須賀版のローカルニュース最新6件

永遠の"野球少年"

いきいきシニア「元気の源」は OverAge 若さの秘訣

永遠の"野球少年"

11月17日号

ドラマ化「機運高めたい」

おいしいだけじゃない

若手農家×薬膳

おいしいだけじゃない

11月17日号

相続相談の総合窓口

目印は潜水艦

目印は潜水艦

11月17日号

「価値の高いコンテンツ」

ヤフーニュース編集者が指南

「価値の高いコンテンツ」

11月17日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク