藤沢版 掲載号:2017年11月17日号
  • googleplus
  • LINE

藤沢メダカ はす池に放流 純系種の繁殖推進

社会

子どもたちが次々に放流した
子どもたちが次々に放流した

 絶滅したと考えられていた境川水系の純系種・藤沢メダカの繁殖を目的に、藤沢メダカの学校をつくる会(菊池久登会長)は11月11日、鵠沼藤が谷の第1、第2はす池でメダカの放流会を開催した。同放流会は今年で4回目。

 同会のメンバーをはじめ、はすいけ児童クラブの子どもたち、来賓として招かれた鈴木恒夫市長ら約200人が参加。藤沢メダカ1000匹以上を放流した。

 今年から同会に入会したという芳賀和平くん(滝の沢小5年)は「自宅で育てたメダカを持ってきて放流した。はす池で頑張って生きていってほしい」と話していた。

 同会によると、藤沢のメダカは高度経済成長期から続いた田んぼの宅地開発などで、90年ごろにはほとんど姿を消してしまったという。一方、生存する純系メダカを探し続けていた当時の県水産総合研究所の専門家らの調査で、95年、はす池で捕獲したメダカを自宅で飼育している市民がいることが判明。発見された境川純系種は藤沢メダカと名付けられ、同会は飼育を希望する家庭、累計1400世帯に配布し、繁殖を進めていた。さらに、自然環境での種の保存を促進しようと、同会は2014年から放流会を続けている。
 

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

山本容子の銅版画展

山本容子の銅版画展

人気作約60点 17日まで

10月28日~12月17日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月15日号

お問い合わせ

外部リンク