青葉区版 掲載号:2012年12月13日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市 公共施設、保全費が重荷に 「白書」素案まとまる

 横浜市はこのほど、学校や庁舎など約2千5百の公共建築物の実態をまとめた「横浜市公共建築物マネジメント白書」の素案を公表した。老朽化の状況や、維持に必要な多額の保全費の推計などが盛り込まれている。12月26日まで素案に対する市民の意見を募り、来春に正式な「白書」として公表する。

 横浜市では、高度成長期だった昭和40年から50年代の急激な人口増加に対応するため、大量の公共建築物を整備してきた。特に人口急増期に建築された施設の延床面積は約600万平方メートルで全体の6割を占めている。また、市民利用施設や社会福祉施設、学校施設の延床面積は約520万平方メートルで、これは大阪や名古屋、神戸市など他の政令指定都市と比べても多い。今後市内の人口減少が想定される中、公共施設管理のコストは、財政の重荷になる可能性が高く、市の大きな課題となっている。

維持に20年で3兆円

 今回公表された白書の素案では、市民利用施設の年間利用者数や稼動率、維持費の状況などが試算されている。それによると、道路なども含めた市内公共施設の保全費は、今後20年間で約3兆4千億円に上るとしている。また、2012年度一般会計の保全費は約580億円だが、今後20年間は、年平均で約960億円になると推計している。

 建物の保全コストを下げようと、市は決められた周期で修繕を行う「時間計画保全」ではなく、劣化に応じて早急な対応が必要な場合だけ修繕する「状態監視保全」を採用している。ただ、一部の施設や利用者らからは「点検で劣化が判明してから修繕するのでは遅い」との声も上がる。全体の施設数を減らすために廃止や統廃合も含めた検討が必要との指摘も出ている。

市民から意見募る

 市では12月26日まで、素案の内容や公共施設のあり方などについて市民から意見を募集している。市担当者は「市民に現状を理解してもらい、今後の課題について一緒に考えていきたい」と話す。市民の意見を参考にした上で、正式な「白書」を2013年3月に公表、4月以降は今後の維持管理についての具体的な議論を進めたいとしている。
 

大成祭典 横浜葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談下さい。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6件

「総量維持」に重点

次期緑の保全計画

「総量維持」に重点

2月15日号

まち整備で魅力づくり

荏子田美しが丘

まち整備で魅力づくり

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

ラリーで市ケ尾再発見

相馬さん(美西小3年)が最優秀

かながわ夢絵コンテスト

相馬さん(美西小3年)が最優秀

2月1日号

詐欺防止ソング初披露

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「ホット」な作品一堂に

「ホット」な作品一堂に

老人ホームで展示

1月20日~2月26日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク