青葉区版 掲載号:2014年3月6日号 エリアトップへ

横浜ビジネスグランプリ2014で最優秀賞に輝いた 手島 大輔さん 大場町在住 43歳

掲載号:2014年3月6日号

  • LINE
  • hatena

家族思い、仲間と歩む

 ○…会社員を経て起業し、誤飲しても害がない歯磨き粉を開発。この製品の販売に障害者が携わることで、障害者の雇用機会につなげるビジネスモデルを生み出した。「良い商品を通じて、障害者が一定の収入を得られる雇用の場をつくりたかった」と力強く語る。

 ○…商社やコンサルティング会社勤務を経て、ベンチャー企業へ転職。子どもに障害があったことから、障害者の雇用創出を目指し、イタリア製オーガニック化粧品ブランドを、36歳のとき立ち上げた。ゼロから始めたが、売上は1年足らずのうちに市場価格で約10億円に。手応えを感じ、翌年に独立を果たした。我が子が障害を持っていることを仕事仲間たちに話すと、「私も同じ」という声が。「それなら」と、仲間を集めて5年前にNPOのボランティア団体「セルザチャレンジ」を設立した。

 ○…一歩ずつキャリアを重ね、業績は好調だったが、リーマンショックで一転。これまでの利益も消えていった。そんなとき、衝撃を受けた新聞記事がある。障害のある息子を残し母親が他界。数日後に息子も亡くなった、という内容だ。「親亡き後、子はどうなるのか。障害者の工賃は低いまま。寄付やボランティア支援だけを続ける、このままの自分のやり方では限界がある」。一文無しになり、「生きるために自分ができることをしよう」と道を切り開いた。その志を受け、NPO仲間たちが次々に「手伝うよ」と言ってくれた。

 ○…従業員は2人だが、各分野で活躍する仲間約40人が事業を支える。自宅兼事務所には妻と息子3人の家族が暮らす。「いつか障害者と家族が安心して暮らせるように」。家族への思いが活動の原動力になっている。今は障害者が働く施設と成年後見事務所が連携する仕組みづくりに向け、奔走する。三児の親として悩みは尽きず、困難に向き合う日々。それでも「やっぱり子どもより大切なものはない」と表情を緩めた。

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版の人物風土記最新6

花岡 けい子さん

あおバリューTVの新ナビゲーターに就任した

花岡 けい子さん

青葉区在勤 37歳

11月11日号

田澤 大河さん

PLDA主催ワールドチャンピオンシップ・ドラコン選手権で13位となった

田澤 大河さん

美しが丘西在住 26歳

11月4日号

福永 奨(しょう)さん

プロ野球ドラフト会議でオリックス・バファローズから3位で指名された

福永 奨(しょう)さん

国学院大学在学 22歳

10月21日号

古澤 拓也さん

WOWOW/パラ神奈川SCに所属し、東京パラリンピック車いすバスケ男子で銀メダルを獲得した

古澤 拓也さん

桐蔭横浜大学出身 25歳

10月14日号

中島 敦志さん

9月16日付で青葉警察署長に就任した

中島 敦志さん

青葉区在勤 58歳

10月7日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長を務める

吉田 直人さん

南区在勤 62歳

9月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月4日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第17回『元々、目が良かったのに60歳を過ぎて遠くも近くも見えにくくなってしまいました』

    11月25日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第20回「お子さんと一緒に成功体験を重ねましょう」

    11月25日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook