青葉区版 掲載号:2018年7月26日号
  • LINE
  • hatena

横浜あおばLC 長寿のクラブを目指して 小島新会長にインタビュー

社会

思いを語る小島会長
思いを語る小島会長

 青葉区を拠点に活動する社会奉仕団体「横浜あおばライオンズクラブ」。7月1日付けで2018〜2019年度の会長に就任した小島健一さんに、クラブの活動内容や抱負について語ってもらった。

 自身が同クラブに入会したのは2008年。会員として丸10年の節目を迎えたタイミングでの会長就任となった。「青葉区から日本一長寿のライオンズクラブを目指して、元気に長生きで奉仕活動を続けていきたい」と意気込みを語る。

 横浜あおばライオンズクラブは、1996年に結成された青葉区内唯一のライオンズクラブ。区内各所での献血活動や盲導犬育成のための募金活動、子どものための薬物乱用防止教室などの社会奉仕を続けている。さらにサッカーや野球といった区内の少年スポーツチームへの賛助やボーイスカウトへの寄付など、その活動は多岐に渡る。

 現在、40代から80代まで28人が正会員として所属するが、この10年で会員数は下降気味だ。小島会長は「会員増強は長年の課題。ライオンズの誓いでもある『友愛と相互理解の精神』のもと、メンバーの拡大を目指したい」と話す。

 出身は愛媛県。紙産業や書道パフォーマンス甲子園で知られる、四国中央市のふるさとアドバイザーを務めており、自身にとって書も身近なもの。趣味の詩吟は八段、師範に次ぐ「奥傳准師範」の認許を持つ実力だ。「声がよくでるようになり、健康にもいい」と笑う。

 2003年に神奈川県議会議員になり、現在4期目。今年度は自民党神奈川県議団の団長を務める。社会福祉法人「みどりの風」の理事長として高齢者福祉に20年携わる一方、昨年からは保護司としても活動し、更生保護にも尽力する。多忙な日々ながら「会長として、利他の精神で奉仕していきたい」と決意を新たにした。

青葉区版のローカルニュース最新6件

未就園児の安全確認 推進

横浜市

未就園児の安全確認 推進

4月25日号

「演劇」で特殊詐欺対策

お披露目式に200人

新体制で若者支援

北部ユースプラザ

新体制で若者支援

4月25日号

「しあわせの青い鳥」を上演

読者プレゼント

「しあわせの青い鳥」を上演

4月25日号

風景写真展、長津田で

ボディエンス

たまプラーザに6/9グランドオープン

https://www.bodience.com/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

子育てイベント初開催

ラフェリーチェ

子育てイベント初開催

家庭内の悩み相談も

5月2日~5月2日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月25日号

お問い合わせ

外部リンク