青葉区版 掲載号:2018年8月2日号 エリアトップへ

(PR)

南関東で大地震発生の確率はSランク 木造住宅耐震改修 未曾有の災害備え「耐震診断」を

掲載号:2018年8月2日号

  • LINE
  • hatena

 先日の大阪北部地震や、南関東で大地震が発生するリスクが最高度の「Sランク」という政府の発表など、未曽有災害への対策が叫ばれる昨今。横浜市では今年度から、1981年5月以前に建築確認を受けて着工した旧耐震の木造住宅改修工事の補助限度額を30万円増やす処置をとっている。これにより限度額は19年度3月末までに工事が完了する場合に限り、75万円から105万円(非課税世帯145万円)に引き上げとなった。

認定事業者の安心感

 たまプラーザ駅そばで創業35年以上の一級建築事務所「水沢住宅建築株式会社」は、15年以上前から耐震工事を手掛ける老舗だ。市がトラブル防止のために信頼性の高い事業者を登録・派遣する「木造住宅耐震診断士」にも認定されており、すでに多数の施工実績がある同社。水沢資夫社長は「まずは診断を」と話している。

コンピューター診断

 耐震診断では小屋裏、床下、基礎の状態を調査の上、建物の状態をコンピューターで診断。3次元CG図面を通して、建物がどのように傾くかのシミュレーションを行う。診断の結果に応じて、補強金物や補強壁によって工事を行う。診断の際に上部構造の評点が1・0未満の「倒壊する可能性がある」と判定された場合は、市が改修費用の一部を補助してくれる。「耐震改修を検討されている方は、補助制度が高い今が決め時だと思います。助成を受けることで、施工費用を抑えることにもつながります」

 今年度の市が認定する耐震補助の申請締め切りは9月〜10月頃まで。水沢社長は「命を守るために耐震補強を」と呼びかけている。

水沢住宅建築

横浜市青葉区新石川3-15-8

TEL:045-914-5178

http://www.sumika.co.jp/

青葉区版のピックアップ(PR)最新6

シロアリ・雨漏りだけは急ぎ対応を

外廻り・水廻り・内装のプロ集団 

シロアリ・雨漏りだけは急ぎ対応を

「釘1本の工事から新築まで」 (株)ハウスプランニング

5月14日号

子どもの元気を育む英語教室

オンラインでも楽しめる工夫がいっぱい

子どもの元気を育む英語教室

「ラボ・パーティ」新規生徒募集

5月14日号

黒毛和牛を食べて農家応援

アッシェドールタケウチでテイクアウト

黒毛和牛を食べて農家応援

今だけ半額 和牛特上ステーキ重2250円

4月30日号

本店、はす向かいに移転

フラワーながい

本店、はす向かいに移転

母の日ギフト各種用意

4月30日号

安心の永代供養墓が4万円

後々の費用一切なし/宗教自由

安心の永代供養墓が4万円

眞宗寺 川崎大仏が見守る霊園

4月30日号

横浜市役所からのお知らせ

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月5日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 子どもの学びを止めるな!

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【5】

    子どもの学びを止めるな!

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    5月14日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月21日号

お問い合わせ

外部リンク