青葉区版 掲載号:2018年8月2日号 エリアトップへ

(PR)

南関東で大地震発生の確率はSランク 木造住宅耐震改修 未曾有の災害備え「耐震診断」を

掲載号:2018年8月2日号

  • LINE
  • hatena

 先日の大阪北部地震や、南関東で大地震が発生するリスクが最高度の「Sランク」という政府の発表など、未曽有災害への対策が叫ばれる昨今。横浜市では今年度から、1981年5月以前に建築確認を受けて着工した旧耐震の木造住宅改修工事の補助限度額を30万円増やす処置をとっている。これにより限度額は19年度3月末までに工事が完了する場合に限り、75万円から105万円(非課税世帯145万円)に引き上げとなった。

認定事業者の安心感

 たまプラーザ駅そばで創業35年以上の一級建築事務所「水沢住宅建築株式会社」は、15年以上前から耐震工事を手掛ける老舗だ。市がトラブル防止のために信頼性の高い事業者を登録・派遣する「木造住宅耐震診断士」にも認定されており、すでに多数の施工実績がある同社。水沢資夫社長は「まずは診断を」と話している。

コンピューター診断

 耐震診断では小屋裏、床下、基礎の状態を調査の上、建物の状態をコンピューターで診断。3次元CG図面を通して、建物がどのように傾くかのシミュレーションを行う。診断の結果に応じて、補強金物や補強壁によって工事を行う。診断の際に上部構造の評点が1・0未満の「倒壊する可能性がある」と判定された場合は、市が改修費用の一部を補助してくれる。「耐震改修を検討されている方は、補助制度が高い今が決め時だと思います。助成を受けることで、施工費用を抑えることにもつながります」

 今年度の市が認定する耐震補助の申請締め切りは9月〜10月頃まで。水沢社長は「命を守るために耐震補強を」と呼びかけている。

水沢住宅建築

横浜市青葉区新石川3-15-8

TEL:045-914-5178

http://www.sumika.co.jp/

横浜市新型コロナワクチン情報

4回目接種対象は60歳以上の方全員と18〜59歳の基礎疾患がある方等のみです

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kenko-iryo/yobosesshu/vaccine/vaccine-portal/

<PR>

青葉区版のピックアップ(PR)最新6

半期に一度 決算セール

半期に一度 決算セール

現品限り特別価格多数 7月末まで

7月7日号

シニアの住まい、イチから学ぶ

東急不動産HDグループのシニア向け住宅「グランクレール青葉台」

シニアの住まい、イチから学ぶ

7月16日(土) 無料セミナー 4組限定

7月7日号

ダイエット、自己流で頑張っても結果が出ない!?

患者の悩みごと相談室「教えて!きへい先生」【3】

ダイエット、自己流で頑張っても結果が出ない!?

7月7日号

アトリエジュンコ展×インボルゴピンティ展

アートハウス21

アトリエジュンコ展×インボルゴピンティ展

7月1日から10日まで同時開催中

7月7日号

もっと日本を。もっと世界へ。

もっと日本を。もっと世界へ。

* 國學院大學

7月7日号

身体に纏(まつ)わる文化と科学の総合大学

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

    『まぶたのできものが中々よくならず困っています』

    6月30日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第25回「親が教育者、身近なことから“今”を教えよう」

    6月30日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook