青葉区版 掲載号:2018年8月2日号 エリアトップへ

(PR)

とんかつファンが唸る”稲の味” 秘密は「サクッ、ジュワー」の薄衣

掲載号:2018年8月2日号

  • LINE
  • hatena
「サクッ、じゅわ〜」と噛めば噛むほどに甘く、分厚いとんかつ「赤煉瓦」。薄衣、脂身、肉の絶妙なバランスは、まさに職人技の一言
「サクッ、じゅわ〜」と噛めば噛むほどに甘く、分厚いとんかつ「赤煉瓦」。薄衣、脂身、肉の絶妙なバランスは、まさに職人技の一言

 おたくのとんかつしか食べないよ―。その味を求めて都内からのファンも多い「とんかつ稲」は今夏で創業34年の老舗だ。

 衣が厚く肉と剥がれて、口の中で遊んでしまう一般的なとんかつに比べ、”伝統の稲の薄衣”は口に含むと「サクッ、フワッ」そして直ぐに肉汁が「ジュワー」と溢れる至高の逸品だ。その秘密は特製生パン粉と揚げ油の100%植物油にある。油切れが良く、空気を含んだこの魔法の薄衣が胃に優しい稲の味を演出する。

 素材にも妥協はない。とんかつの代名詞ロースは脂身が甘い胆沢豚。契約農家直送のコシヒカリに創業以来変わらぬ自家製のとんかつソースと味噌ソースの2種など、上げたらきりがない。素材・衣・職人の三拍子揃った味をキャンペーン中の8月19日(日)までに是非。

とんかつ稲

宮前区鷺沼1-11-1 DIKビル1階

TEL:044-854-3362

http://www.tonkatsu-ine.com/

青葉区版のピックアップ(PR)最新6

シロアリ・雨漏りだけは急ぎ対応を

外廻り・水廻り・内装のプロ集団 

シロアリ・雨漏りだけは急ぎ対応を

「釘1本の工事から新築まで」 (株)ハウスプランニング

5月14日号

子どもの元気を育む英語教室

オンラインでも楽しめる工夫がいっぱい

子どもの元気を育む英語教室

「ラボ・パーティ」新規生徒募集

5月14日号

黒毛和牛を食べて農家応援

アッシェドールタケウチでテイクアウト

黒毛和牛を食べて農家応援

今だけ半額 和牛特上ステーキ重2250円

4月30日号

本店、はす向かいに移転

フラワーながい

本店、はす向かいに移転

母の日ギフト各種用意

4月30日号

安心の永代供養墓が4万円

後々の費用一切なし/宗教自由

安心の永代供養墓が4万円

眞宗寺 川崎大仏が見守る霊園

4月30日号

横浜市役所からのお知らせ

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月5日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 子どもの学びを止めるな!

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【5】

    子どもの学びを止めるな!

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    5月14日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月21日号

お問い合わせ

外部リンク