青葉区版 掲載号:2018年8月2日号 エリアトップへ

(PR)

とんかつファンが唸る”稲の味” 秘密は「サクッ、ジュワー」の薄衣

掲載号:2018年8月2日号

  • LINE
  • hatena
「サクッ、じゅわ〜」と噛めば噛むほどに甘く、分厚いとんかつ「赤煉瓦」。薄衣、脂身、肉の絶妙なバランスは、まさに職人技の一言
「サクッ、じゅわ〜」と噛めば噛むほどに甘く、分厚いとんかつ「赤煉瓦」。薄衣、脂身、肉の絶妙なバランスは、まさに職人技の一言

 おたくのとんかつしか食べないよ―。その味を求めて都内からのファンも多い「とんかつ稲」は今夏で創業34年の老舗だ。

 衣が厚く肉と剥がれて、口の中で遊んでしまう一般的なとんかつに比べ、”伝統の稲の薄衣”は口に含むと「サクッ、フワッ」そして直ぐに肉汁が「ジュワー」と溢れる至高の逸品だ。その秘密は特製生パン粉と揚げ油の100%植物油にある。油切れが良く、空気を含んだこの魔法の薄衣が胃に優しい稲の味を演出する。

 素材にも妥協はない。とんかつの代名詞ロースは脂身が甘い胆沢豚。契約農家直送のコシヒカリに創業以来変わらぬ自家製のとんかつソースと味噌ソースの2種など、上げたらきりがない。素材・衣・職人の三拍子揃った味をキャンペーン中の8月19日(日)までに是非。

とんかつ稲

宮前区鷺沼1-11-1 DIKビル1階

TEL:044-854-3362

http://www.tonkatsu-ine.com/

青葉区版のピックアップ(PR)最新6

10周年記念 感謝を込め特別企画

青葉台の名店 テイクアウト特別クーポン贈呈

10周年記念 感謝を込め特別企画

 「おせち予約も始まりました」

10月15日号

新小4年の入塾説明会

啓進塾

新小4年の入塾説明会

「楽しく学力伸ばす」に定評

10月15日号

「世界の人々の心を繋ぐ星」になる人材育成

乳がん検診の大切さ訴え四半世紀

乳がん検診の大切さ訴え四半世紀

取材協力/横浜青葉台クリニック

10月15日号

発熱・風邪外来の利用を

発熱・風邪外来の利用を

あざみ野 内科・放射線科/土屋記念クリニック

10月15日号

水の画家 居島春生展

水の画家 居島春生展

テンペラ画 10月24日から

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

マジック学ぶ2日間

マジック学ぶ2日間

藤が丘地区センター

11月4日~11月11日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 求められる子どもの主体性(2)

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【10】

    求められる子どもの主体性(2)

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    10月15日号

  • 歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.6

    歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.6

    「屋号 後編」

    10月15日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月15日号

お問い合わせ

外部リンク