青葉区版 掲載号:2019年1月1日号 エリアトップへ

1月1日に正式結団された青葉応援団の団長を務める 龍口 健太郎さん 日本在住 25歳

掲載号:2019年1月1日号

  • LINE
  • hatena

青葉から心震わす応援を

 ○…まちの個人や団体を実際に応援するだけではなく、応援自体の魅力も伝えようと奮闘する「青葉応援団」の団長に就任した。楽天イーグルスの公式応援パフォーマーで、過去には東京6大学の応援団を束ね侍ジャパン壮行試合でエールを送った経験もある応援界の実力者。「青葉区は友達も多く馴染み深い。強烈な『顔役』として応援団の存在を確立していければ」

 ○…北海道生まれの大田区育ち。父親が応援団員だった影響で幼少時から応援映像を見せられて育つ。その反動で自分はやるまいと思っていたが、法政大2年時に転機が。当時打ち込んでいたバンドが空中分解し、自殺も考えるほどの失意の中、学内で当時の副団長が声をかけてくれた。「王者のようなオーラがある」とその人に憧れ応援団の道に。「20歳の誕生日の日に親に伝えたら全て仕込んであるなんて言われて」

 ○…小中高と野球で汗を流す傍ら、英語スピーチコンテストではオペラを歌うなど「楽しませること」に喜びを見出す根っからのパフォーマー。高校2年の時には、強豪バスケ部に誘われ、「何かを起こしてくれる」と入部して数カ月でベンチ入り。観客と一体となって会場全体を異様に盛り上げ、自分がコートに立つと「会場が揺れた」ほど。大学卒業後、大手建設会社を半年で辞めたのも「世界中の人を熱狂させたい」という思いからだ。

 ○…日本で唯一の公式応援パフォーマーとして全国を飛び回る日々。友人宅や20万で買った愛車で寝泊まりをするため「“日本”在住です」とおどける。今後は「歌舞伎に連なる応援文化」を世界全体に広め、見る人の心を震わせたいと語る。青葉応援団として東京五輪で応援するという目標も、あくまで通過点。燃える闘志を胸にこれからも声を張り上げ続ける。

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版の人物風土記最新6

溝上 慎一さん

学校法人桐蔭学園の新理事長に就任した

溝上 慎一さん

都筑区在住 49歳

6月13日号

嶋田 桂以子さん

8代目「横浜スカーフ親善大使」に選ばれた

嶋田 桂以子さん

区内在住 42歳

6月6日号

小出 玄也さん

谷本公園の新園長として着任した

小出 玄也さん

神奈川区在住 25歳

5月23日号

植松 哲平さん

FMヨコハマの夕方の人気番組「Tresen」のメインDJとして3年目を迎えた

植松 哲平さん

岡山県岡山市出身 39歳

5月16日号

川内(かわうち) 美月(みずき)さん

第17代横浜観光親善大使に選ばれた

川内(かわうち) 美月(みずき)さん

青葉区在住 21歳

5月1日号

畠中 槙之輔さん

横浜F・マリノスに所属し、3月にサッカー日本代表に初選出された

畠中 槙之輔さん

都筑区出身 23歳

4月25日号

大野 晶尚(あきひさ)さん

今春、青葉警察署長に着任した

大野 晶尚(あきひさ)さん

市ケ尾町在住 56歳

4月18日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 青葉区の声をカタチに!

    「何を言ったかでなく、何をやったか!」 市政報告

    青葉区の声をカタチに!

    公明党 横浜市会議員 行田朝仁(ぎょうたともひと)

    6月6日号

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月13日号

お問い合わせ

外部リンク