青葉区版 掲載号:2019年8月15日号 エリアトップへ

「浜なし」収穫 最盛期に 雨量過多も味に影響なし

社会

掲載号:2019年8月15日号

  • LINE
  • hatena
収穫前の「幸水」を手に取る三澤さん
収穫前の「幸水」を手に取る三澤さん

 横浜のブランド果実「浜なし」の収穫が最盛期を迎えている。長引く梅雨の影響が心配されたが、例年と比べ収穫時期に大きな変動はなく、味も良質な甘味に仕上がっているという。

 市で認定された果樹生産者団体の統一ブランドとして名付けられた「浜なし」。市内各所で栽培されており、青葉区では田奈地区や中里地区を中心に出荷され、主にJAの直売所や軒先でのみ販売される。

 今最盛期を迎えているのは、梨の「三水」と呼ばれるうちの一つ、「幸水」だ。幸水は日本の梨で最も栽培されている人気の品種で、果肉は柔らかく、多汁で甘みが強いことでも知られている。

 奈良町で約5000平方メートルの敷地で浜なしを育てている三澤総合農場の三澤芳夫さんは「例年盆あたりにピークを迎える幸水。通常通り出荷できてほっとしている」と話す。一方で梨の開花など梅雨前までの工程が順調だった分、今年の梅雨の長さには参っていた様子。「とんでもなく珍しい雨の長さ。田んぼみたいに畑がぐちゃぐちゃになって大変だった」。それでも「日照時間の関係で梨の甘みが弱いのではと心配だったが、うまくできているよ」と笑顔を見せた。

 幸水と同じ「三水」の人気品種の一つ、「豊水」の出荷は8月下旬〜9月中旬までを予定。三澤総合農場の浜なし全体の出荷量は例年通り15〜20トンほどを見込むという。

残暑お見舞い申し上げます

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6

テニスで日韓親睦図る

テニスで日韓親睦図る スポーツ

あざみ野LTC(ローンテニスクラブ)で交流会

11月14日号

聖夜祝うフルートの音色

岡村考二さん

聖夜祝うフルートの音色 文化

恒例の12月公演 今年も

11月14日号

はまぴよ隊がコンサート

はまぴよ隊がコンサート 文化

30日、15周年記念で開催

11月14日号

冬の光がたまプラに

冬の光がたまプラに 文化

テラスで点灯式

11月14日号

内水氾濫に備え、下水強化

横浜市

内水氾濫に備え、下水強化 経済

多面的に対策推進

11月14日号

稀代の陶芸家 奈良へ

稀代の陶芸家 奈良へ 文化

中村氏が制作秘話を語る

11月14日号

最優秀賞は福田さん

最優秀賞は福田さん 教育

防火ポスターコンクール

11月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月5日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

青葉6大学講座、開講中

青葉6大学講座、開講中

テーマは東京2020

11月17日~12月14日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 制限型対策では不十分

    〈連載【8】〉依存症専門医に聞く

    制限型対策では不十分

    IRと横浜

    11月14日号

  • 雇用や税収増に寄与

    〈連載【7】〉IR推進会議の美原氏に聞く

    雇用や税収増に寄与

    11月7日号

  • カジノは負の経済効果

    〈連載【6】〉鳥畑与一教授に聞く

    カジノは負の経済効果

    IRと横浜

    10月31日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク