青葉区版 掲載号:2019年8月15日号 エリアトップへ

「浜なし」収穫 最盛期に 雨量過多も味に影響なし

社会

掲載号:2019年8月15日号

  • LINE
  • hatena
収穫前の「幸水」を手に取る三澤さん
収穫前の「幸水」を手に取る三澤さん

 横浜のブランド果実「浜なし」の収穫が最盛期を迎えている。長引く梅雨の影響が心配されたが、例年と比べ収穫時期に大きな変動はなく、味も良質な甘味に仕上がっているという。

 市で認定された果樹生産者団体の統一ブランドとして名付けられた「浜なし」。市内各所で栽培されており、青葉区では田奈地区や中里地区を中心に出荷され、主にJAの直売所や軒先でのみ販売される。

 今最盛期を迎えているのは、梨の「三水」と呼ばれるうちの一つ、「幸水」だ。幸水は日本の梨で最も栽培されている人気の品種で、果肉は柔らかく、多汁で甘みが強いことでも知られている。

 奈良町で約5000平方メートルの敷地で浜なしを育てている三澤総合農場の三澤芳夫さんは「例年盆あたりにピークを迎える幸水。通常通り出荷できてほっとしている」と話す。一方で梨の開花など梅雨前までの工程が順調だった分、今年の梅雨の長さには参っていた様子。「とんでもなく珍しい雨の長さ。田んぼみたいに畑がぐちゃぐちゃになって大変だった」。それでも「日照時間の関係で梨の甘みが弱いのではと心配だったが、うまくできているよ」と笑顔を見せた。

 幸水と同じ「三水」の人気品種の一つ、「豊水」の出荷は8月下旬〜9月中旬までを予定。三澤総合農場の浜なし全体の出荷量は例年通り15〜20トンほどを見込むという。

残暑お見舞い申し上げます

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6

「徴兵のない平和な時代が一番」

戦後74年記憶を辿る第二回

「徴兵のない平和な時代が一番」 社会

田奈村(当時)出身 鴨志田辰次さん

8月15日号

サチモス“ハマスタ”凱旋

9月8日開催

サチモス“ハマスタ”凱旋 文化

横浜出身メンバー「感謝伝えたい」

8月15日号

ラグビー教室&講演会

ワールドカップ開催記念

ラグビー教室&講演会 スポーツ

元日本代表、吉田義人さんが登場

8月15日号

”複活”で地域に力を

”複活”で地域に力を 経済

新しい働き方を提案

8月15日号

後期5戦4勝と好調

後期5戦4勝と好調 スポーツ

巻き返すかイトゥアーノ

8月15日号

「熱中症、本当に気をつけて」

「熱中症、本当に気をつけて」 社会

気象予報士・依田さんが講演

8月15日号

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

やさしいエクササイズ

やさしいエクササイズ

荏田地域ケアプラザで

9月7日~11月23日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月15日号

お問い合わせ

外部リンク