神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2020年7月16日 エリアトップへ

NPO法人森ノオト 環境大臣賞を受賞 10年間の活動を評価

文化

公開:2020年7月16日

  • X
  • LINE
  • hatena
北原理事長(中央)とメンバーら=提供
北原理事長(中央)とメンバーら=提供

 青葉区を拠点に、エコや地域情報をウェブで発信するNPO法人「森ノオト」(北原まどか理事長)がこのほど、地域環境保全功労者として環境大臣賞を受賞した。北原理事長は「森ノオトを創刊して10年。地球温暖化など環境問題が世界的に大きな問題となる中で、地域からできる行動のヒントをぶれずに発信し続けてきたことが評価され、本当にうれしく思います」と喜びを語った。



 地域環境保全功労者表彰は、多年にわたり同活動に関して顕著な功績があった人、団体を環境大臣が表彰するもの。横浜市の推薦を受け、今年度は市内から森ノオトを含む2団体が選ばれた。

人と自然の調和社会を

 「青葉台発・地元のエコ発見メディア」として2009年11月にウェブサイト「森ノオト」を創刊した同団体。子育て世代の女性が取材、発信するスタイルで、人と自然、農が調和できるヒントを発信してきた。

 そして、創刊2年目に起きた東日本大震災。エコだけでなく、脱原発などエネルギーの持続可能性についても取り上げるようになり、自宅でできるソーラーシステムや節電の取組みなども紹介していった。「森ノオト創刊のきっかけは、子どもたちの生きる未来を守りたいという思いだった。その意味で原発事故は大きなショックだったし、これまでそういう社会を容認してきたのは自分たちなんだと反省した」と北原さん。そして、「デモなどに参加するのではなく、情報発信を通じて問題に気づく仲間を増やしていくことが私たちにとっての環境活動」と軸足を定め、その活動を持続可能にしていくために13年1月には団体をNPO法人化した。

 近年は環境にとどまらず、福祉や男女共同参画、貧困など多様な社会問題も取材して情報を発信。行政と連携した多世代交流事業や子育て世代向けツアー、地域の生産者との地産地消マルシェなど様々なイベントも行っている。また、環境問題や地域につながる市民を増やそうとライター養成講座も市内外で実施。19年には横浜環境活動賞大賞も受賞した。

 北原さんは「森ノオトがここまでこられたのも青葉という地域のおかげ。これからもコンポストやリユース食器など地域で衣食住のあらゆることをエコにできるヒントを発信し、同じ思いを持つ担い手を増やしていきたい」と目標を語った。

青葉区版のトップニュース最新6

創部45周年祝う

FCすすき野レディース

創部45周年祝う

吉村代表 節目に卒団

6月13日

「まちbizあおば」が10周年

「まちbizあおば」が10周年

記念パーティーに山中市長ら

6月13日

歴史を歩くガイド完成

青葉区

歴史を歩くガイド完成

寺社・史跡を巡る7コース

6月6日

「健診未受診」に不安の声

市立小中校の不登校者増

「健診未受診」に不安の声

市、他事例調査し取組検討

6月6日

狙うは初代グランプリ

横浜こども屋台選手権

狙うは初代グランプリ

青葉区3チームがエントリー

5月30日

つながる事業で表彰

NPO法人森ノオト

つながる事業で表彰

横浜・人・まち・デザイン賞

5月30日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「白内障や緑内障以外で60代以降に多い目の病気」 コラム【35】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    6月13日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook