神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2020年10月15日 エリアトップへ

桐蔭横浜大 マスク4千枚を寄贈 青葉区サッカー協会に

スポーツ

公開:2020年10月15日

  • X
  • LINE
  • hatena
紙本会長にマスクを寄贈する安武監督=右
紙本会長にマスクを寄贈する安武監督=右

 桐蔭横浜大学サッカー部が青葉区サッカー協会にマスク4000枚を寄贈し、10月3日に谷本公園で贈呈式が行われた。

 同サッカー部は、今年のチーム目標のひとつに「日本一、地域に愛されるサッカー部」になることを掲げている。今回のマスク寄贈も地域貢献活動の一環として行ったもの。協力関係にある企業から提供されたマスクの一部を、「将来のサッカー界を担う子どもたちの安全に役立ててほしい」と区サッカー協会への寄付を決めた。

 贈呈式で同部の安武亨監督からマスクを受け取った同協会の紙本文夫会長は「今年は新型コロナの影響で多くの大会が中止になり、子どもたちがかわいそうだった。10月から冬季大会が始まる中で、安心してサッカーに専念できる環境を用意してあげるのが我々の役目。その上でも今回のマスクは非常にありがたい」と感謝を述べた。

 安武監督は「我々がどのように地域の役に立てるのか、今後もチーム全体で考えていきたい」と話した。

青葉区版のローカルニュース最新6

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「白内障や緑内障以外で60代以降に多い目の病気」 コラム【35】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    6月13日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook