青葉区版 掲載号:2020年10月29日号 エリアトップへ

区内団体、シェルター新設 「DV被害、我慢せず避難を」

社会

掲載号:2020年10月29日号

  • LINE
  • hatena
新たなシェルターの共用部分
新たなシェルターの共用部分

 DV被害者が加害者から逃れて避難するシェルターを、鴨志田町のNPO法人DV対策センターが10月、横浜市北部にオープンさせた。

 同団体が所有する既存のシェルターと合わせ最大5組の受け入れが可能。代表の穂志乃愛莉さんは「DVは暴力行為のみならず暴言、モラハラ、生活費をくれない等の支配関係を含みます。家庭内で支配関係を感じる方は相談を」と話す。

新型コロナ感染対策も

 新しいシェルターは1組ずつ入居できる個室が2つ、キッチンや風呂・トイレ、リビング等は共用。加害者に見つからないよう場所は非公開となっている。使用料は1日当たり2千円だが、今年12月末まで最初の1週間分は無料になるという。食費等は実費となるが、食料支援としてフードバンクから同団体に提供される食材も一部利用可能。弁護士の紹介や家探し、就業支援や子どもの就学支援なども行っている。

 全国からDV被害の相談を受ける同団体。最近は他県からの相談で「逃げたいが、(首都圏は感染者数が多いことから)新型コロナ感染が不安」と躊躇する声も多いという。これを受け、新たなシェルターは防犯面を強化すると同時に感染対策も講じた。

子どもの虐待、懸念

 穂志乃さんによると、DV被害に遭いつつも避難を躊躇する理由の一つに、「子どものためにも私さえ我慢すれば」と感じ耐えるケースが多いことを指摘。しかし「子どもの前で行われる夫婦間の暴力・暴言は、子どもに対する面前DVであり、心理的虐待になる」と穂志乃さん。「面前DVが続くことで後々、子どもに発達障害のような症状が出たり、子ども自身がDV加害者や被害者になってしまうリスクもある。また夫婦間のDV加害者は子どもにも支配的な態度をとることが多い」と話す。

 「子どものためにも、一刻も早く家庭を出る方がいい結果につながると思う。遠方からも入居できるので当事者はもちろん、悩んでいる知人がいたら支援先として伝えてほしい」と話している。

 相談・問い合わせは同団体【携帯電話】080・7821・4660。

青葉区版のローカルニュース最新6

「110番の日」で署員が授業

「110番の日」で署員が授業 社会

黒須田小3年生に

1月14日号

オンラインマラソン始まる

オンラインマラソン始まる スポーツ

青葉チャリティーラン

1月14日号

子育てに役立つシェアサービスとは

最高金賞を受賞

日仏切手展

最高金賞を受賞 文化

青葉台・美容室の早川さん

1月14日号

新型コロナ 青葉区累計850人

【Web限定記事】

新型コロナ 青葉区累計850人 社会

1月7日発表 市内5番目

1月14日号

IR住民投票案を否決

横浜市会

IR住民投票案を否決 政治

自民・公明が反対

1月14日号

行政書士浅川事務所

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク