青葉区版 掲載号:2020年12月10日号 エリアトップへ

市ケ尾町に新設した青少年の地域活動拠点を運営する 竹原 和泉さん 市ケ尾町在住

掲載号:2020年12月10日号

  • LINE
  • hatena

若い世代に未来たくして

 ○…中高生らが集い、自由に活動する地域活動拠点が先月、市ケ尾町に誕生した。青少年の居場所として運営するだけではなく、多世代交流や各種活動支援なども、代表を務めるNPO法人「まちと学校のみらい」が担う。「昔から自分たちでこうした場を作ることが夢だった。地域のみんなとゼロからじっくり丁寧に作り上げたい」と抱負を語る。

 ○…東京都出身。「学校と地域を結び、社会総がかりで子どもを育てる活動がライフワーク」と話すその原点は、社会教育や学校教育を学んだ学生時代。岩手や福島県に寝泊まりし、子どもたちに学びの場を作る地域交流事業を行ったが、学んだのは自分自身。地域の人と出会い様々な話を聞く中で「学びは学校の中だけと思っていたが、地域にこんなに豊かな場があったのか」と衝撃を受けた。結婚後、夫の転勤で海外で子育ても経験。フランスは社会で子育てする文化、アメリカは地域が学校運営に関わるのが当たり前。この経験も後に人生の糧となった。

 ○…転機は46歳。専業主婦から、市の社会教育指導員の公募に手を挙げ、その後県内初となる東山田中のコミュニティ・スクール立ち上げを経験し、コミュニティハウス館長等を歴任。現在は中高生らと市ケ尾のプロジェクト等に取り組み、高校生が大人顔負けに発表し後輩に受け継いでいく成長ぶりを嬉しそうに語る。「中高生が地域の大人と出会って深い学びや経験が生まれる。それがまちの未来を作っていく」と期待する。

 ○…さまざまな活動を並行して進める中、手帳はびっしり。それでも「やってみなければ出会えなかった人が沢山いる。予想もしなかった幸せな人生」と笑顔。「更に次世代にバトンタッチしていくのが目標です」

青葉区版の人物風土記最新6

岸本 拓也さん

ジャパンベーカリーマーケティング(株)代表で高級食パンの仕掛け人として知られる

岸本 拓也さん

青葉区在勤 45歳

5月13日号

飯笹 光男さん

横浜ガストロノミ協議会の理事長に就任した

飯笹 光男さん

西区在勤 57歳

5月7日号

大槻 茂久さん

今季から日体大フィールズ横浜の監督を務める

大槻 茂久さん

鴨志田町在勤 41歳

4月29日号

中山 芳子さん

「ぐるーぷ・もこもこ・青葉台」の代表を務める

中山 芳子さん

みたけ台在住 74歳

4月22日号

飯笹 光男さん

横浜ガストロノミ協議会の理事長に就任した

飯笹 光男さん

西区在勤 57歳

4月15日号

黒岩 大輔さん

青葉消防署長に着任した

黒岩 大輔さん

都筑区在住 49歳

4月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter