青葉区版 掲載号:2021年1月21日号 エリアトップへ

藤が丘在住星野さん 飛沫防止カバーを考案 食卓を和紙で華やかに

文化

掲載号:2021年1月21日号

  • LINE
  • hatena
「テーブルが華やぐ」と利用客からも好評
「テーブルが華やぐ」と利用客からも好評

 藤が丘在住のフラワーデザイナー、星野久美さんが、コロナ禍で苦しむ飲食店の助けになればと和紙を使った華やかな飛沫防止カップカバー「華姫」を考案した。導入した都内の寿司屋では利用客からも好評で、星野さんは「感染防止とともに、テーブルが華やかになることで少しでも飲食店の盛り上げに役立てば」と話している。

 日本の伝統文化を残したいと全国各地の和紙を使った人形とハーバリウムを組み合わせた「着物ドールリウム」の考案者として、全国に多数の受講者を持つ星野さん。コロナ禍による客数減で苦しむ飲食店の話を聞き、「何か癒しになるようなものを作れないか」と和紙を使ったカップカバーを考案。衛生面では専門家にアドバイスを仰ぎ、抗菌性のある漆喰和紙を使ったり食器に触れる部分はアルミ箔で覆って拭き取れるよう工夫した。

 「華姫」は販売を目的とせず、飲食店などから依頼があれば可能な限り提供したいとしている。「和洋の食器を問わず調和するので、ぜひご家庭でも楽しんでもらえたら」。(問)星野さん【電話】045・515・6075

読者プレゼント

「華姫」2個セットを読者3名に。応募はメールに氏名、〒住所、年齢、本紙の感想を明記し、【メール】aoba@townnews.co.jpへ。2月4日締切。

「華姫」を創作した星野さん
「華姫」を創作した星野さん

個別指導塾「マイジャイロ」

工学博士考案の最強の勉強法「自立学習法」を身につける

https://www.mygyro1985.com/

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6

「震災はまだ終わってない」

「震災はまだ終わってない」 社会

青葉区在住 伊藤まりさん(61)

2月25日号

あおば支援学校に雛飾り

あおば支援学校に雛飾り 文化

鉄町・坂田さん夫妻が寄贈

2月25日号

産後のセルフケアを学ぶ

産後のセルフケアを学ぶ 文化

アートフォーラムあざみ野

2月25日号

糖尿病と歯周病に要注意

糖尿病と歯周病に要注意 社会

3師会がポスターでPR

2月25日号

読者3人にプレゼント

「勿忘」収録CDアルバム

読者3人にプレゼント 文化

オーサムシティクラブ

2月25日号

ノアが横浜武道館に

ノアが横浜武道館に スポーツ

3月7日、タイトル戦も

2月25日号

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

母子家庭ほか食料支援

【Web限定記事】

母子家庭ほか食料支援

要事前申込で2月21日

2月21日~2月21日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • GIGAスクール構想の始動

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【13】

    GIGAスクール構想の始動

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    2月25日号

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第8回『目薬の上手な使い方を教えてください』

    2月25日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第11回「食育は生きる力の基礎を養います」

    2月25日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク