青葉区版 掲載号:2021年8月26日号 エリアトップへ

障害者の農作業を手助け 地元の造園土木業

社会

掲載号:2021年8月26日号

  • LINE
  • hatena

 田奈町にあるNPO法人ぷかぷか生活介護事業所「でんぱた」(魚住亮施設長)は、3月からたちばな台の畑で野菜の栽培に取り組んでいる。

 知的障害のあるメンバー9人が日中を過ごしている同事業所。天候にもよるが、毎日畑に移動し、午前中に農作業を実施。草取りなど各自ができる仕事に取り組んでいる。現在は大豆や赤紫蘇を育てており、収穫した野菜は自分たちで調理して食べるほか、同じ法人内のベーカリーなどに卸しているという。

 そんな同事業所やメンバーをサポートしているのが鴨志田町の造園土木業「(株)横浜北部設計」の小林克寛社長だ。小林社長は仕事柄、扱いに長けた重機で畑の整地などを無償で行っているほか、時折畑に来てはメンバーと一緒に農作業で汗を流している=写真右。小林社長が訪れた8月19日にはすいかの差し入れも。メンバーは作業後、「おいしい」と喜んでいた。

 小林社長は「来ているうちにメンバーと仲良くなり、一緒の作業を喜んでくれる。それがうれしい」と話し、魚住施設長は「外部との関わりを大切にしているので、ありがたい」と話していた。

青葉区版のローカルニュース最新6

後半は小麦つながり丼

横浜18区丼

後半は小麦つながり丼 社会

10月は青葉区がテーマ

10月21日号

安全・安心なまち目指す

青葉警察署ほか

安全・安心なまち目指す 社会

田都線各駅で啓発活動

10月21日号

EV充電器の利用定着

しらとり台

EV充電器の利用定着 社会

市などが実証実験中

10月21日号

中高生の保護者向け講座

中高生の保護者向け講座 社会

子どもと関わる7の秘訣

10月21日号

町一帯がアート会場に

町一帯がアート会場に 文化

「寺家回廊」29日から

10月21日号

年長園児が稲刈り

白ゆり幼稚園

年長園児が稲刈り 教育

米ができる様子を学ぶ

10月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「女性に起こりやすい目の病気について」 コラム【3】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    10月14日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook