青葉区版 掲載号:2021年12月2日号 エリアトップへ

青葉台小学校創立50周年 全校のみんなで祝福を 児童主体で記念集会

教育

掲載号:2021年12月2日号

  • LINE
  • hatena
【子ども実行委員会メンバー】池田優羽さん、伊藤咲和さん、勝木里桜さん、北村友希さん、黒田和さん、小島智輝さん、斎藤菜々美さん、甚田慧士郎さん、田中友基さん、舟窪遼さん、村井優花さん、村木雄真さん、吉松志菜さん
【子ども実行委員会メンバー】池田優羽さん、伊藤咲和さん、勝木里桜さん、北村友希さん、黒田和さん、小島智輝さん、斎藤菜々美さん、甚田慧士郎さん、田中友基さん、舟窪遼さん、村井優花さん、村木雄真さん、吉松志菜さん

 市立青葉台小学校(藤原明美校長)が創立50周年を迎え、11月20日に記念集会が行われた。

 集会は6年生13人の「子ども実行委員会」がプログラムから進行まで管理。当日は体育館に集まった来賓に実行委員会があいさつした後、3密を防ぐため、放送室から中継で各教室・体育館をつないで開始。準備してきた記念事業などがスライドショーで放送されたほか、全校児童が歌詞を考えた記念ソングの合唱や、各学年から「未来の青葉台小の子どもたちへのメッセージ」の動画も公開され、集会は滞りなく終了した。

数多くの記念事業

 実行委員会は集会に加え、4月から記念事業にも取り組んできた。

 記念キャラクターの募集や記念ソングの歌詞づくり、歴史動画の制作、全校児童のメッセージを貼り付けた壁画、航空写真と記念横断幕のデザインなど、活動は多岐に及んだ。週に何度も打ち合わせを重ね、活動してきたメンバーの目標は「学校が喜ぶようなお祝いをしよう!〜全校のみんなで楽しく祝福ムードを作ろう〜」。実行委員会だけではなく、全校児童が参加できるような企画を意図的に実施してきた。

 集会は慣れない中継方式だったが、メンバーは「例年だったら人前で話すという役割のみだけれど、今回は放送機材やタブレットの操作が得意な人、人前で話すのが得意な人、それぞれの長所を生かして全員で行うことができました」と話し、見事に大役を務めた。

 20日をもって実行委員会の活動は終了。「達成感がある」と話す一方で、「終わるのが嫌だ」と話すメンバーも。それでも「みんなと協力し、アイデアを出し合い、『50周年のお祝い』という最高の作品を作れた」と晴れ晴れとした表情で振り返っていた。

放送室で進行する実行委員会と体育館で中継を見る来賓
放送室で進行する実行委員会と体育館で中継を見る来賓

一般社団法人横浜市青葉区医師会

2月19日 市民公開講演会「新型コロナウイルス感染症 最新の治療法」

http://www.yokohama-aobaku-med.com/

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6

園庭開放で親子サッカー

園庭開放で親子サッカー スポーツ

F・マリノスが協力

1月20日号

長年の防犯功労を称え

長年の防犯功労を称え 社会

1人・1団体を表彰

1月20日号

2選手がJリーガーに

桐蔭横浜大

2選手がJリーガーに スポーツ

早坂選手は川崎Fへ

1月20日号

消防出張所を見学

藤が丘幼稚園

消防出張所を見学 教育

働く”先輩”と交流も

1月20日号

ピアッザの使い方学ぶ

ピアッザの使い方学ぶ 社会

2月27日 青葉区が主催

1月20日号

大河ドラマゆかりの地紹介

『鎌倉殿の13人』

大河ドラマゆかりの地紹介 文化

県と市、特設ウェブページ開設

1月20日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月2日0:00更新

  • 11月4日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「日帰り白内障手術の流れについて」 コラム【6】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    1月13日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook