青葉区版 掲載号:2021年12月9日号 エリアトップへ

「飛蚊症(ひぶんしょう)は治療が必要?」 コラム【5】 悠先生のちょっと気になる目のはなし

掲載号:2021年12月9日号

  • LINE
  • hatena
加藤悠院長
加藤悠院長

 視界に黒い点や線のようなものが見えるといった症状で受診される方は少なくありません。これは飛蚊症(ひぶんしょう)と呼ばれている症状であることが多いです。

 飛蚊症は、目の中の硝子体という透明なゼリー状の物質内の浮遊物が、目の奥の網膜に影として映ります。これが黒い点や線のように見える症状として表れます。

 飛蚊症には病的なものと、生理的で病的ではないものに分けられます。病的な場合、網膜に小さな孔が開く網膜裂孔やぶどう膜炎のような目の中で起きる病気の初期症状として飛蚊症が生じるので、この場合は治療が必要になってきます。

 生理的なものでは、頻度が高いものに、後部硝子体剥離という聞き慣れない現象に伴って発症するものがあります。機序は複雑なので割愛しますが、ゼリー状の硝子体は、40から50歳くらいになってくると、その性質や状態が変化して浮遊物が出現することがあります。そうすると飛蚊症が出現するようになるのですが、この場合は治療しなくても大丈夫です。ただ、飛蚊症の病的なものと生理的なものの区別は、実際に診察で眼底を観察しないと見つけることが難しいため、飛蚊症が新たに出現したり、様子が変化したりするようであれば、なるべく早めに眼科で眼底検査を受けることをお勧めしています。

 

 

 市ケ尾町の「梅の木眼科医院」の加藤悠院長が、目を健康に維持するために大切なことを分かりやすく教えてくれるコーナーです(月1回第2週目に掲載)

一般社団法人横浜市青葉区医師会

2月19日 市民公開講演会「新型コロナウイルス感染症 最新の治療法」

http://www.yokohama-aobaku-med.com/

<PR>

青葉区版のコラム最新6

悠先生のちょっと気になる目のはなし

「日帰り白内障手術の流れについて」 コラム【6】

悠先生のちょっと気になる目のはなし

1月13日号

おばあちゃん先生の子育てコラム

おばあちゃん先生の子育てコラム

お正月特別寄稿「羽子板、こま回ししましたか?」

1月1日号

『二月の勝者』で描かれる子どもたち

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【18】

『二月の勝者』で描かれる子どもたち

桐蔭学園理事長 溝上慎一

12月23日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第18回『涙目で困っています』

12月23日号

悠先生のちょっと気になる目のはなし

「飛蚊症(ひぶんしょう)は治療が必要?」 コラム【5】

悠先生のちょっと気になる目のはなし

12月9日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第17回『元々、目が良かったのに60歳を過ぎて遠くも近くも見えにくくなってしまいました』

11月25日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月2日0:00更新

  • 11月4日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「日帰り白内障手術の流れについて」 コラム【6】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    1月13日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook