青葉区版 掲載号:2022年1月20日号 エリアトップへ

桐蔭横浜大 2選手がJリーガーに 早坂選手は川崎Fへ

スポーツ

掲載号:2022年1月20日号

  • LINE
  • hatena
圓道選手(左)と早坂選手
圓道選手(左)と早坂選手

 桐蔭横浜大学(溝上慎一学長/鉄町)のサッカー部が2人のJリーグ内定者を輩出し、1月13日に合同会見を行った。加入先は、GK早坂勇希選手が川崎フロンターレ、MF圓道(えんどう)将良選手が鹿児島ユナイテッドFC。川崎Fには同部から3年連続で選手を送り込んでいる。

 2年連続J1王者の川崎Fに内定した早坂選手は同チームの下部組織出身。ユースからトップ昇格ならず、大学で練習に励み、念願のチームからの内定となった。「1度は諦めかけた夢。4年間大学で努力をし、大好きなクラブに戻れて嬉しい」と喜びを語り、また、「ハードルが高いほど燃える。1日でも早くデビュー戦を飾りたい」と意気込んでいる。同チーム強化部担当者も「大学で力を付けて帰ってきてくれた。彼の強みである反応の良さやシュートストップなどで突き抜けてくれれば序列も上がるのでは」と期待を寄せた。安武亨監督も「間違いなく大学ナンバーワンのGK。川崎Fには、チョン・ソンリョン選手という高い壁があるが、そこにしっかり挑んでいってほしい」と激励した。

 J3・鹿児島ユナイテッドFCに加入する圓道選手は「もともと、FWながらもサイド、トップ下、ボランチもできる。かなりユーティリティーな選手で、守備もできる」と安武監督は評価する。同チームの強化担当も「J3優勝、J2昇格に必ず貢献してくれる」と話し「不安よりもワクワクが強い。プレースタイルも合っている。開幕スタメン目指して頑張りたい」と圓道選手。

 また、子どもサッカー教室など地域交流を積極的に行ってきた同部。「地域に支えられながら練習できたことの感謝を忘れないようにしたい」と早坂選手は話し、圓道選手は「身長162cmでも武器さえあれば誰でもプロになれる」とプロを目指す子どもたちにエールを送った。

青葉区版のローカルニュース最新6

ベルマークを市立小へ

区内郵便局

ベルマークを市立小へ 社会

約1万3千点を寄付

5月19日号

初心者向けZoom(ズーム)講座

初心者向けZoom(ズーム)講座 社会

スマホでチャレンジ

5月19日号

ギターコンサート

ギターコンサート 文化

青葉台で6月1、2日

5月19日号

「ロシア軍は撤退を」

「ロシア軍は撤退を」 社会

3年ぶりに平和行進

5月19日号

前座試合の出場者募集

日体大SMG

前座試合の出場者募集 スポーツ

6月18日、女子児童対象

5月19日号

県銘菓を一挙公開

県銘菓を一挙公開 文化

レアリア内特設ページで

5月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「保険診療で行える、  多焦点眼内レンズを用いた白内障手術」 コラム【10】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    5月12日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook