神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2022年10月13日 エリアトップへ

「社会貢献」 タッグで挑む 桐蔭横浜大×ビー・コル

教育

公開:2022年10月13日

  • X
  • LINE
  • hatena
協定書を手に笑顔を見せる白井代表取締役(左)と森学長
協定書を手に笑顔を見せる白井代表取締役(左)と森学長

 青葉区鉄町にある桐蔭横浜大学(森朋子学長)と、株式会社横浜ビー・コルセアーズ(白井英介代表取締役)が10月7日、地域・社会貢献および、学生やアスリートに対する人材育成に寄与することを目的に、連携・協力に関する協定を締結した。

 今回の協定は、現代社会の課題解決に貢献できる人材を育成するため、改革を進めている同大学と、「市民の生活に近いクラブ」として地域貢献活動を実践しているプロバスケットボールチーム「横浜ビー・コルセアーズ」の思惑が合致。プロスポーツクラブの経営やビジネスモデルを学生に身をもって学んでもらうこと、学内外での地域貢献活動に両者が連携して取り組むことなどが盛り込まれた。

 さらに、近年注目されるアスリートのセカンドキャリアを支援するプログラムの構築についても、共同で検討する内容が含まれている。

「リアル」学ぶ機会に

 同大学で行われた調印式には、森学長と白井代表取締役らが出席。それぞれが協定書にサインし、無事に締結された。

 白井代表取締役は、「華やかに思われるプロスポーツの世界だが、地道な集客や地域貢献活動など、泥臭い部分も多い。そんな現場の『リアル』を学生と共有していくことで、将来、一人でも多くスポーツ業界に戻って来てくれればうれしい。今回の協定は第一歩。桐蔭横浜大学と連携を深めながら、相互の活動を通じて地域に貢献していければ」と力強く語った。

 森学長も「今の大学生は、まさにコロナ世代。そんな時でも、心を一つにするという意味では、スポーツは大きな力を発揮する。大学とプロチームが実践的な学びの場を提供しながら、同じ目的を持ってタッグを組むことで、青葉区から市、県、全国へ誇れるようなモデル事業を構築していきたい」と意気込んだ。

 協定に関して、具体的な活動内容はこれから詰めるとしながらも、地域の小学校へ学生や選手を派遣するアイデアなども出された。

 白井代表取締役は「横浜ビー・コルセアーズは若いチーム。教育機関との連携は選手にもチームにもプラスになる。クラブに関わる人が増えていくことで、地域の中での影響力も増していくと思う」と語った。

青葉区版のトップニュース最新6

創部45周年祝う

FCすすき野レディース

創部45周年祝う

吉村代表 節目に卒団

6月13日

「まちbizあおば」が10周年

「まちbizあおば」が10周年

記念パーティーに山中市長ら

6月13日

歴史を歩くガイド完成

青葉区

歴史を歩くガイド完成

寺社・史跡を巡る7コース

6月6日

「健診未受診」に不安の声

市立小中校の不登校者増

「健診未受診」に不安の声

市、他事例調査し取組検討

6月6日

狙うは初代グランプリ

横浜こども屋台選手権

狙うは初代グランプリ

青葉区3チームがエントリー

5月30日

つながる事業で表彰

NPO法人森ノオト

つながる事業で表彰

横浜・人・まち・デザイン賞

5月30日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「白内障や緑内障以外で60代以降に多い目の病気」 コラム【35】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    6月13日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook