神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2023年11月16日 エリアトップへ

青葉警察署に守護神現る オリジナルキャラクターが誕生

社会

公開:2023年11月16日

  • X
  • LINE
  • hatena

 青葉警察署(橋谷田裕樹署長)にこのほど、新たなマスコットキャラクターが誕生した。その名も「青葉守護丸巡査」=写真。今後、イベントや署のホームページなどで活用していく予定だ。

 実は県内の警察署でも、オリジナルのキャラクターを作成している署は多い。そこで、青葉署でも署員からアイデアを募集。寄せられた7つの案の中から、署員のアンケートで選ばれたのが青葉守護丸巡査だった。

 同巡査は、鉄神社にある疫病退散を祈って舞ったとされる黒色の獅子舞がモチーフ。鉄周辺の自治会や町内会、鉄古典獅子舞保存会などの許諾を経て、この秋から青葉署の一員に加わった。青葉地区警察官友の会が早速、同巡査を加えた広報用バックボードを作り、青葉署に寄贈している。

贈呈式の様子
贈呈式の様子

青葉区版のローカルニュース最新6

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「白内障や緑内障以外で60代以降に多い目の病気」 コラム【35】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    6月13日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook