緑区版 掲載号:2011年3月17日号
  • googleplus
  • LINE

UR都市機構 地域活性へ自治会、創英と協定 平成26年3月まで、三者の締結は全国初

手をとりあう堀井理事長(左)、塚田会長(中央)、植田支社長
手をとりあう堀井理事長(左)、塚田会長(中央)、植田支社長

 『霧が丘グリーンタウン団地』を管理するUR都市機構神奈川地域支社(植田裕支社長)は、今月4日、霧が丘連合自治会(塚田順一会長)と区内三保町にある学校法人堀井学園横浜創英短期大学(堀井基章理事長)との間で地域活性化などを目指し、協定を締結した。期間は平成26年3月末まで。URがこのような協定を結ぶのは全国でも初という。

 これは、グリーンタウン周辺において、地域の活性化や健康福祉の増進、3者によるコミュニティの形成を推進するために、結ばれたもの。URでは、地域活性化を最も重視しているテーマに挙げており、今回の締結は、URが自治会、短大に呼びかけ実現したもの。

 今後、三者は、少子高齢化などの地域課題に対応するため、協働で取り組みを実施することとしている。主なものとしては、『子育て支援の推進』『介護・高齢者支援など地域福祉の推進』『防災対策の推進』など。

4月下旬に出張講座を開催

 第1回の取り組みとして横浜創英短期大学の看護学科による『地域の健康福祉』をテーマにした出張講座の開催が検討されている。同短大では「短期大学としての知見を生かし、地域に還元していきたい」と話しており、地域住民の要望を反映した講座を今後も行っていく予定だ。

 霧が丘連合自治会は、13自治会から構成されており、約4200世帯が属している。今後、連合自治会には、地域住民へのアナウンスや、行政とのパイプ役としての期待がかかる。塚田会長は「今回の協定を機に、この霧が丘地域が日本一暮らしやすい、魅力あるまちになることを期待しています」と話している。またUR都市機構植田地域支社長も「霧が丘地域の更なる活性化を図っていきたい」としている。
 

3/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6件

公共施設の「多目的化」推進へ

育てた米で団子づくり

三保小5年生

育てた米で団子づくり

3月15日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月8日号

市が民間団体と協定

ひとり親家庭支援

市が民間団体と協定

3月8日号

ラグビーW杯へ工事着々

日産スタジアム

ラグビーW杯へ工事着々

3月8日号

ビーコルセンター誕生

セン北駅前

ビーコルセンター誕生

3月1日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク