緑区版 掲載号:2011年4月7日号
  • googleplus
  • LINE

青葉区 「あかね台中学校」が開校 田奈中などの大規模化予測を受けて

開校したあかね台中学校
開校したあかね台中学校

 青葉区にあかね台中学校(直井純校長・青葉区あかね台2丁目8番地2)が今月3日に開校した。区内の田奈中学校と奈良中学校(青葉区)が将来的に生徒・学級数過多の大規模校になるとの予測を受けての開校。両校からの転校生徒を含め、660人の生徒が学校生活をスタートさせる。 田奈中の生徒数は約1200人と市内最多、奈良中も約1000人と上位を占めていた。そのため、将来的な教室数不足が懸念され、平成20年から新設校の計画・検討が始まった。

環境に配慮した校舎

 3階建ての校舎は太陽光パネル、雨水を生かしたトイレ洗浄設備など環境を配慮した設計となっている。また、市立小中学校初の「屋内型プール」が今年度中に完成する予定。地域公募で決まったシンボルツリー「紅しだれ桜」が植わる中庭やウッドデッキテラスもあり、「昼食は教室外でとることもできるようになれば」と同校は話す。

”3校の制服”

 あかね台中は濃紺の制服。元田奈中・奈良中生は引き続き両校の制服で登校することができ、校内では3校の制服が見られる。4月3日の開校式典では校章を授与。生徒たちは校章を胸に互いの門出を祝った。

部活の伝統受け継ぐ

 全国大会や県大会優勝など部活が盛んだった田奈中・奈良中。体育館はバスケやバドミントンなど公式試合ができる広さで「部活も強いあかね台中を目指していければ」と直井校長。

 4月1日は、開校式典準備・交流会のため新2・3年生となる田奈中・奈良中生が初登校日を迎えた。4月5日には始業式・入学式を開催。希望を胸に生徒たちは新たな伝統を作ろうとスタートラインを切った。
 

3/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6件

公共施設の「多目的化」推進へ

育てた米で団子づくり

三保小5年生

育てた米で団子づくり

3月15日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月8日号

市が民間団体と協定

ひとり親家庭支援

市が民間団体と協定

3月8日号

ラグビーW杯へ工事着々

日産スタジアム

ラグビーW杯へ工事着々

3月8日号

ビーコルセンター誕生

セン北駅前

ビーコルセンター誕生

3月1日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク