緑区版 掲載号:2011年11月24日号
  • googleplus
  • LINE

平成23年度「卓越した技能者(現代の名工)」に選ばれた 西根成悦(せいえつ)さん いぶき野在住 54歳

不死身のはやぶさ生みの親

 ○…「不死身な探査機ですよ」。大気圏で機体が燃え尽きながらも、搭載した観測カプセルを無事地球に帰還させた”はやぶさ”についての思いを語る。「嬉しかったですが私一人の力ではありませんから」と、他の組み立てメンバーへの感謝の気持ちも忘れない。これまで組み立てに関わったのは18基。打ち上げは全てが成功しており、数々の功績を支えてきたスペシャリストだ。

 ○…秋田県出身。戦車のプラモデル作りに没頭したことで物作りに興味を抱き、中学卒業後にNECに入社。これまで35年間に渡り人工衛星作りに携わってきた。一つのミスが打ち上げ失敗にもつながってしまう可能性を秘めた作業。組み立てリーダーとして、冷静に淡々と作業をこなしてきた。「はやぶさは結果的に凄いことをしてくれただけ。打ち上げるまでは全18基と同じ思いです」とエンジニアとしての持論を話す。

 ○…緑区には35年近く住んでいる。「昔は田んぼばかりでしたよ。随分様変わりしました」。組み立て作業には集中力や精神力を必要とする。仕事は家庭には持ち込まない主義で、ウォーキングや山登りでリフレッシュをしている。「山に登ると、ふと故郷を思い出して心が落ち着くんです」。四季の森公園やこどもの国(青葉区)へ数時間かけて歩き、季節の移り変わりを感じるのも楽しみの一つだ。

 ○…世界的な偉業を達成したことで、自身も関わっていたことに誇りと実感が沸いてきた。映画「はやぶさ」は、母親と家族を誘い見に行った。それまでは、自身が組み立てを担当していたことは家族に知らせていなかった。「凄い仕事してるんだね」と家族からの一言が嬉しかった。上映中は、組み立てや打ち上げられた当時が頭の中を巡り「涙が出てきました」と照れた表情を見せた。現在も来年度打ち上げ予定の衛星組み立てを担当。次なる宇宙開発の偉業に向け、ベストを貫く日々は続く。
 

3/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

緑区版の人物風土記最新6件

都築 利正さん

地域デビューを応援する「人生楽笑・次代塾」の企画運営を行う

都築 利正さん

3月15日号

ふじい みのりさん

音楽教育やライブを行い、音楽で地域を盛り上げる活動に取り組む

ふじい みのりさん

3月8日号

中島 進市さん

観察会を定期開催し、自然の魅力を次世代に伝える

中島 進市さん

3月1日号

作田 豊彦さん

鴨居第四地区自治会長を務める

作田 豊彦さん

2月22日号

小宮山 政行さん

鴨居第三地区自治会長を務める

小宮山 政行さん

2月15日号

吉田 昌司さん

今月40周年を迎えるボーイスカウト横浜第95団の団委員長を務める

吉田 昌司さん

2月8日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク