緑区版 掲載号:2012年6月14日号
  • googleplus
  • LINE

「ソウル国際音楽コンクール」バイオリン部門で優勝した 毛利文香(ふみか)さん 市内在住 18歳

向上心で世界に羽ばたく

 ○…今年4月29日、弱冠18歳の少女のバイオリン演奏が世界の音楽家たちを魅了した。若手演奏家の登竜門とされる韓国での「ソウル国際音楽コンクール」で、最年少の優勝を果たした。シベリウスのバイオリン協奏曲を弾き終えた瞬間、聴衆から大絶賛の拍手が沸き起こり、世界17カ国 76人中最高位に輝いた。「優勝者として名前が呼ばれた瞬間、本当に驚きました。ファイナル(決勝)で弾けただけで幸せでした」。生まれて初めて挑んだ国際大会だった。

 ○…日本人で初の快挙。韓国メディアは「弦の女王」と大々的に報じた。「現地の新聞社の取材を受けました。心境や将来の夢を聞かれ、自分自身について改めて考えるきっかけになりました。すべてが良い勉強です」。大会で得たのは最優秀の称号だけではない。他の決勝進出者らの卓越した演奏も耳の奥に残っている。「表現の仕方が力強かった。もっと強く気持ちが伝わる演奏ができるようになりたいので、良い刺激になりました」

 ○…2010年、国内トップレベルの大会である「日本音楽コンクール」で3位を獲得。以後「いつか世界のコンクールに出たい」と思っていた。恩師の薦めで韓国での大会出場を決意し、ソウルへ渡った。滞在中の4月20日、18回目の誕生日を迎えた。その9日後、優勝という生涯忘れられない「誕生日プレゼント」をもらった。「家族も先生も友達も応援してくれた。皆さんに感謝したいです」

 ○…バイオリンとの出会いは3歳のとき。以来、毎日の練習が日課。平日は約4時間、休日は時間の許す限り腕を磨く。練習するほど「次にやるべきことが見つかる。辛いと思ったことはありません。もっと練習して上手くなりたい」。将来、各国で活躍するバイオリニストを目指し「英語の勉強にもっと力を入れたいです」。日々、切磋琢磨。世界に羽ばたく音楽家の向上心に果てはない。
 

緑区版の人物風土記最新6件

小宮山 政行さん

鴨居第三地区自治会長を務める

小宮山 政行さん

2月15日号

吉田 昌司さん

今月40周年を迎えるボーイスカウト横浜第95団の団委員長を務める

吉田 昌司さん

2月8日号

宮下 弘章さん

鴨居杉山神社の節分祭で豆まき役を務める

宮下 弘章さん

2月1日号

加藤 成果さん

緑消防団初の女子大生団員となった

加藤 成果さん

1月25日号

井上 美沙紀さん

緑公会堂で行われる演奏会「音楽の贈りもの」の司会を務める

井上 美沙紀さん

1月18日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

1月11日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

礒井純充氏が講演会

礒井純充氏が講演会

「まちライブラリー」語る

2月25日~2月25日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク