緑区版 掲載号:2013年12月19日号
  • googleplus
  • LINE

長津田小 「感じたありのままを歌に」 沙羅短歌会が授業

6年1組での短歌教室
6年1組での短歌教室
 長津田小学校で先ごろ、6年生を対象とした短歌教室が開かれた。市内を中心に活動を行う「沙羅短歌会」主宰の伊藤宏見さんらが講師となり、短歌の基本や魅力を伝えた。

 授業では短歌と俳句の違いなどが説明され、その後、事前に児童が創作した短歌が読み上げられた。歌には「肌寒い」「さつま芋」「紅葉」など身近な季節感と気持ちが詠われていた。

 伊藤さんは「1300年前から現代に残っている短歌もあります。みなさんもいい短歌を作って残してくださいね」とコメント。参加した児童の一人は「自分の感じたありのままを短歌にしたいと思った」と話していた。

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人 緑法人会

企業の繁栄と社会貢献を胸に、良き経営者を目指す団体です。

https://midorihoujinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

緑区版のローカルニュース最新6件

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「スケートで楽しい時間を」

横浜みどりLC

「スケートで楽しい時間を」

現在参加者を受付中

8月4日~8月4日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク