緑区版 掲載号:2014年3月6日号 エリアトップへ

「悔しいだろうな」 家族語るソチの宮崎さん

掲載号:2014年3月6日号

  • LINE
  • hatena
昨年行われた日本選手権時。後方左から早苗さん、宮崎さん。前方左が次女の青空ちゃん、隣りが桜花ちゃん 家族提供
昨年行われた日本選手権時。後方左から早苗さん、宮崎さん。前方左が次女の青空ちゃん、隣りが桜花ちゃん 家族提供

 ソチ冬季五輪「男子ボブスレー」に出場した三保町在住の宮崎久さんの家族がこのほど、オリンピアンとなった宮崎さんについて本紙に思いを語った。

 「主人を支えてきてくれた方々へ『ありがとうございます』と伝えたい」。競技を自宅でTV観戦した妻の早苗さん。画面に映る宮崎さんの姿にスポンサーとなって支援してくれた人などに対する感謝の気持ちでいっぱいになったという。

 宮崎さんは同競技の「2人乗り」と「4人乗り」種目に出場。ソリを押すブレーカーの役割を果たした。結果は28位と26位と決勝まで進めなかった。

 「悔しいだろうな」――。他国のソリのスピードについていけない日本チームの姿を見て早苗さんはそう感じた。「競技のために8カ月間で12キロも体重を増やしたのに主人が小さく見えたんです」。外国選手と比べると宮崎さんの体はひと回り小さく見えた。パワー不足は明らかだったという。高校時代に陸上短距離種目で県内優勝を経験したこのある早苗さん。アスリートとしての視点で競技を見つめていた。

 宮崎さんの結果に、長女の桜花ちゃんは「お父さん、残念だったね」。その姿には「もうすぐ帰ってきてくれる」というほっとした表情がうかがえたという。

 来春には都内の高校で教員職に就く予定の宮崎さん。「競技を続けるか悩んでいるみたい。本人次第ですね」と早苗さんは話した。

緑区版のローカルニュース最新6

「笑顔溢れる明るい年に」

「笑顔溢れる明るい年に」 社会

緑区賀詞交換会

1月13日号

劇団四季初のコンサート

劇団四季初のコンサート 文化

2月8日から横浜公演

1月13日号

食品の寄付を受け付け

食品の寄付を受け付け 社会

「コロナ禍で助け合いを」

1月13日号

消費生活出前講座を開催

消費生活出前講座を開催 社会

東本郷地域ケアプラザ

1月13日号

明るい未来願って

成人式

明るい未来願って 文化

3万6千人が節目

1月13日号

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月13日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook