緑区版 掲載号:2015年1月22日号 エリアトップへ

無料口腔がん検診を実施 緑区歯科医師会

掲載号:2015年1月22日号

  • LINE
  • hatena
口腔内をチェックする医師ら
口腔内をチェックする医師ら

 緑区歯科医師会(岡田春夫会長)が15日、「無料口腔がん検診」を緑福祉保健センターで開催した。昨年に続き2回目の開催。

 口腔がん検診は口の中の粘膜などの異常をチェックし、異常があれば早期発見、早期治療に結び付けていこうというもの。

 緑区歯科医師会では口腔がん検診事業実行委員らを中心に、実施に向けた準備を進めてきた。

 検診当日は抽選で選ばれた区民30人が医師たちによる検診を受けた。また検診にあたっては、日本口腔外科専門医として、横浜労災病院歯科口腔外科から小早川元博部長と、横浜総合病院歯科口腔外科の今村栄作部長が訪れ、同歯科医師会員への指導や検診方法の確認にあたった。

 検診には同歯科医師会に所属する区内の歯科医ら13人が、受診者に対する問診や検診を行った。検診では、リンパ節や扁桃腺などに対する触診を行ったほか、口腔内の粘膜、舌部の裏側までを丁寧に観察し、異常がないかをチェックした。所見があった受診者に対しては紹介状を書くなどして対応した。小佐野雅貴実行委員長は「多くの方に興味を持っていただき、少しでもお役に立てたなら嬉しく思う」と話した。

 今回、初めて無料検診を受けたという区内の女性は「詳しく診ていただき、アドバイスをもらえたので良かったと思う」と話していた。同歯科医師会の岡田会長は「口腔がんは大腸がんや胃がんに比べ発症率は低いが増加傾向にある。早期発見、早期治療に繋がる検診事業はがん対策における有効な手段。今後も続けていきたいと思う」と話した。
 

検診に臨んだ医師ら
検診に臨んだ医師ら

<PR>

緑区版のコラム最新6

カウンセラー養成し15年

カウンセラー養成し15年

(一社)日本産業カウンセラー協会 神奈川支部

4月1日号

20万8千筆の署名提出

〈連載【15】〉住民投票求める市民団体 IRと横浜

20万8千筆の署名提出 社会

11月19日号

市、追加調査で準備進める

〈連載【14】〉国の申請受付が延期に IRと横浜

市、追加調査で準備進める 社会

10月22日号

誘致計画、不透明さ増す

〈連載【13】〉市、実施方針公表を再延期 IRと横浜

誘致計画、不透明さ増す 社会

9月3日号

2つの署名活動 秋に開始

〈連載【12】〉リコール、住民投票求める IRと横浜

2つの署名活動 秋に開始 政治

8月20日号

推進前提に意見公募

〈連載【11】〉市が方向性素案公表

推進前提に意見公募

IRと横浜

3月26日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter