緑区版 掲載号:2015年8月27日号 エリアトップへ

山下地区エコ生活を考える会 土壌混合法 地域にPR 環境保全の意識向上図る

社会

掲載号:2015年8月27日号

  • LINE
  • hatena
色鮮やかな寄せ植えと同会会員
色鮮やかな寄せ植えと同会会員

 緑区内の市民団体「山下地区エコ生活を考える会」(上田クニ江会長)が、家庭で生ごみをリサイクルし土に変える「土壌混合法」の普及に取り組んでいる。9月には土壌混合法でできた土を活用した寄せ植え教室を企画。地域から環境保全の意識を広めていく方針だ。

 「CO2削減」や「3R夢(スリム)プランの推進」など、環境行動でエコ生活の普及を図る「山下地区エコ生活を考える会」。発足して8年、現在会員11人で活動する同会は9月19日(土)、新たな取り組みとして「第1回 寄せ植えエコ教室」を開催する。

 同教室では、生ごみの削減と豊かな土づくりを目的とする「土壌混合法」を用いた土を利用し、さまざまな種類の花による寄せ植えを作成する。同法は生ごみと土を混ぜ合わせることで、土の中の微生物が生ごみを分解し、土を豊かなものに変える方法だ。

 横浜市は2012年から、場所を選ばず特別費用も掛からないことからこの方法を全区で推進している。同会は「横浜市環境保全活動団体助成金」の交付を申請中だ。

 同会会員は同法での土づくりに取り組み、野菜くずや魚の骨などを土と混ぜ合わせ40%程度生ごみを削減。同法を用いた土を利用すると植物の育ち方や根のはり方、収穫した野菜の味が格段に良くなるという。

 上田会長は「『顔の見える』をキーワードに地域の人と一緒に取り組みたい。玄関に花があれば潤うし、みんなで楽しみながらやることで、エコ活動を続けていくことができる」と話す。

 同教室は9月19日(土)、山下みどり台小学校コミュニティハウスで午前10時から午後0時半まで。材料費800円のほか、手ぬぐい、飲みもの、汚れてもよい服装で参加とのこと。定員24人。申し込みは上田さん【電話】045・933・4106へ。同教室は今後、11月・12月・2月にも行われる予定だ。

緑区版のトップニュース最新6

コロナ禍でも活動継続

みほどんぐりの会

コロナ禍でも活動継続 社会

運営は母親主体

6月17日号

養育費確保に新制度

横浜市

養育費確保に新制度 経済

ひとり親を支援へ

6月17日号

新十両昇進を市長に報告

大相撲荒篤山関

新十両昇進を市長に報告 スポーツ

市出身22年ぶり、緑区初

6月10日号

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 社会

7月利用分から1割増

6月10日号

日スタで魅力をPR

中山商店街

日スタで魅力をPR スポーツ

横浜F・マリノスら応援

6月3日号

コロナで販路減り苦境に

横浜市内障害者施設

コロナで販路減り苦境に 社会

仲介組織が下支え

6月3日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter