緑区版 掲載号:2016年5月19日号
  • googleplus
  • LINE

中山中野球部 市大会制し、全国へ 創部70年初の快挙

スポーツ

優勝旗を手に笑顔の部員(野球部提供)
優勝旗を手に笑顔の部員(野球部提供)
 中山中学校野球部が4月9日から5月7日に行われた「横浜市中学校春季野球大会」で見事優勝した。これにより、野球部は創部以来初となる全国大会への切符を手にした。

 市大会は年4回行われるが、同大会の優勝チームは5月21日から開催される「第43回神奈川県中学校春季野球大会」と毎年8月に行われる「第33回全日本少年軟式野球大会」の出場権を獲得できることもあり、出場した154校は熱い戦いを繰り広げた。

 中山中学校は今年創立70周年を迎えた。野球部も同様の歴史を誇るが、同大会ではこれまで強豪校に一歩及ばず優勝経験はなかったという。

 大会ではエースの武冨陸選手が獅子奮迅の活躍。3種の変化球と130Kmを超える速球を武器に、準々決勝以降は全試合で完投完封勝利を飾った。武冨選手は「昨年の大会は自分のミスが原因で、優勝を逃した。今回はベンチの応援をしっかり聞いて力に変えた」と試合を振り返る。

ノーヒットで勝利

 5月7日に行われた決勝戦では港南台第一中学校と対戦。両校合わせてヒット1本という壮絶な投手戦が繰り広げられた。中山中学校は5回に四球で出塁した選手を盗塁や進塁打で進め、スクイズで得点。そのまま逃げ切ったため、ヒット0本で勝利を飾った。試合を終えてキャプテン兼部長の長谷川稜選手は「個々の能力は決して高くはないので、一丸となって挑んだ。全国でも優勝を目指したい」と闘志を目に灯していた。

 同部は現在打撃の強化を図っている。練習ではバットを振る時間を増やし、武冨選手を援護できる状況作りを目指している。大門昌樹監督は「集中力を切らさず一戦一戦を丁寧に戦っていきます」と抱負を語った。

緑区版のトップニュース最新6件

学童保育 運営道のり険し

「介護職の魅力、生の声で」

部活休養日、週2以上へ

横浜市立中

部活休養日、週2以上へ

2月15日号

混雑緩和策で6両化へ

市営地下鉄グリーンライン

混雑緩和策で6両化へ

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

セン南駅で旅券発給へ

横浜市

セン南駅で旅券発給へ

2月8日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

認知症を知ろう、学ぼう

認知症を知ろう、学ぼう

十日市場で社会講座

2月26日~2月26日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク