緑区版 掲載号:2016年5月19日号 エリアトップへ

中山中野球部 市大会制し、全国へ 創部70年初の快挙

スポーツ

掲載号:2016年5月19日号

  • LINE
  • hatena
優勝旗を手に笑顔の部員(野球部提供)
優勝旗を手に笑顔の部員(野球部提供)

 中山中学校野球部が4月9日から5月7日に行われた「横浜市中学校春季野球大会」で見事優勝した。これにより、野球部は創部以来初となる全国大会への切符を手にした。

 市大会は年4回行われるが、同大会の優勝チームは5月21日から開催される「第43回神奈川県中学校春季野球大会」と毎年8月に行われる「第33回全日本少年軟式野球大会」の出場権を獲得できることもあり、出場した154校は熱い戦いを繰り広げた。

 中山中学校は今年創立70周年を迎えた。野球部も同様の歴史を誇るが、同大会ではこれまで強豪校に一歩及ばず優勝経験はなかったという。

 大会ではエースの武冨陸選手が獅子奮迅の活躍。3種の変化球と130Kmを超える速球を武器に、準々決勝以降は全試合で完投完封勝利を飾った。武冨選手は「昨年の大会は自分のミスが原因で、優勝を逃した。今回はベンチの応援をしっかり聞いて力に変えた」と試合を振り返る。

ノーヒットで勝利

 5月7日に行われた決勝戦では港南台第一中学校と対戦。両校合わせてヒット1本という壮絶な投手戦が繰り広げられた。中山中学校は5回に四球で出塁した選手を盗塁や進塁打で進め、スクイズで得点。そのまま逃げ切ったため、ヒット0本で勝利を飾った。試合を終えてキャプテン兼部長の長谷川稜選手は「個々の能力は決して高くはないので、一丸となって挑んだ。全国でも優勝を目指したい」と闘志を目に灯していた。

 同部は現在打撃の強化を図っている。練習ではバットを振る時間を増やし、武冨選手を援護できる状況作りを目指している。大門昌樹監督は「集中力を切らさず一戦一戦を丁寧に戦っていきます」と抱負を語った。

緑区版のトップニュース最新6

還元金額5%と低調

市内飲食店利用促進事業

還元金額5%と低調 経済

利便性に課題か

1月20日号

刑法犯が減少傾向

緑警察署管内

刑法犯が減少傾向 社会

人身事故件数は増加

1月20日号

3回目接種を前倒し

横浜市

3回目接種を前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月13日号

おみくじで、本を推薦

緑図書館

おみくじで、本を推薦 文化

新しい本との出合いに

1月13日号

「かつての賑わい取り戻す」

新春インタビュー

「かつての賑わい取り戻す」 社会

岡田区長、抱負を語る

1月6日号

3万6千人が門出

横浜市成人式

3万6千人が門出 社会

昨年に続き分散開催

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook