緑区版 掲載号:2016年6月30日号
  • googleplus
  • LINE

音楽フェス盛り上がる 公会堂改装で住民が企画

文化

一体となって踊る出演者と参加者
一体となって踊る出演者と参加者
 「Midori Music Fes♪2016」が6月19日、緑公会堂で開催された。

 このイベントは公会堂のリニューアル記念として開催されたもので、出演者と観客が一体となったステージを演出しようと地域住民の有志が企画した。

 当日はポップスやジャズ、カリプソ、ハワイアンなど多彩なジャンルの音楽が演奏され、来場者は目を閉じて聞き入ったり、手拍子をしたりと自由に音楽を楽しんだ。沖縄音楽バンド「ナイチマン」は曲に合わせて踊る「カチャーシー」を観客と一緒になって踊ったほか、玲歌琴の会ラベンダーは「おさかな天国」を観客と合唱するなどし、公会堂はライブハウスの様な盛り上がりを見せた。

 出演したテリー保谷さんは「観客がそれぞれの青春を思い出してもらえるような楽曲を選んだ。予想以上の来場者数に驚かされた」と話した。

 実行委員を務めた乾尚子さんは「区職員や出演者にも協力してもらうことで実現できた。来年以降も実施していきたい」と展望を語った。

緑区版のローカルニュース最新6件

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

春の午後を名曲とともに

春の午後を名曲とともに

公会堂でコンサート

3月1日~3月1日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク