緑区版 掲載号:2016年11月3日号
  • LINE
  • hatena

鴨居町在住織裳さん 自宅倉庫を老人会に開放 「高齢者の憩いの場に」

社会

改装された倉庫とステージ設備
改装された倉庫とステージ設備

 鴨居町在住の織裳(おりも)重雄さん(84)が自宅倉庫を改装し、地域の高齢者への開放を始めた。老人会優先で予約を受けるため、場所がとりやすく、カラオケも完備。織裳さんは「地域の憩いの場にしたい」としている。

 150平方メートルの倉庫を改装し、老人会の憩いの場「アキホーム」を作った織裳重雄さんは自身も地元の老人会「白梅会」(篠原勇治会長)に所属する。鴨居地区には5つの老人会が存在するが、これまで寄合などの際には近くの自治会館やケアセンターを利用していた。老人会以外の団体も利用する公共の場では予約がとれないこともあり、アルコールが飲めないなどの制約もあった。

 「カラオケを思う存分歌ったり、時にはお酒を飲んだり、自由に使える場所がないかというニーズは潜在的にあった。織裳さんはそれを形にしてくれた」と篠原会長は話す。

ステージ設備も

 織裳さんは今年の初め頃から倉庫の改装を始め、自費を投入し「アキホーム」を完成させた。カラオケ設備やバリアフリーのステージを備え、約40人を一度に収容できる。吹き抜けの大きな壁には地元・白山高校絵画部が壁画を制作中で、来年春頃には完成する予定だという。

 管理は織裳さんが所属する「白梅会」が行い、老人会からの利用希望を優先して受け付ける。現在ほかに地元の2つの老人会が年間行事などで同所を利用していく方針だという。利用者は10人以下の利用なら1日1千円、10人以上なら1日1人100円を利用料として納める。 

 織裳さんは「自分もある程度歳をとり、高齢者が楽しく過ごせる場所が欲しいと感じた。皆で過ごせる憩いの場を作りたかった」と話す。

 篠原会長は「引きこもりがちな高齢者も、行く場所があって仲間と楽しい時間を過ごせれば、意識が外に向く。カラオケがしたくて、杖をついて来る人も沢山いる。織裳さんの施設がそんな高齢者の居場所となれば」と話している。

織裳重雄さん
織裳重雄さん

緑区版のトップニュース最新6件

生活困窮者の早期支援へ

横浜市

生活困窮者の早期支援へ

5月16日号

「節目を皆で祝いたい」

緑区制50周年

「節目を皆で祝いたい」

5月1日号

未就園児の安全確認 推進

横浜市

未就園児の安全確認 推進

4月25日号

区制50周年事業に協賛

横浜緑ロータリークラブ

区制50周年事業に協賛

4月25日号

地域連携行事として開催

霧が丘高校

地域連携行事として開催

4月18日号

「心臓リハビリ」普及に着手

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

相続空き家特例を学ぶ

相続空き家特例を学ぶ

造幣局のあゆみ講座も

6月3日~6月3日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月16日号

お問い合わせ

外部リンク