緑区版 掲載号:2017年8月31日号 エリアトップへ

中山駅周辺でも浸水想定 市が新洪水避難地図作成

社会

掲載号:2017年8月31日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市はこのほど、鶴見川水系流域の新たな洪水浸水想定区域を反映させた洪水ハザードマップを作成し、緑区を含む6区で配布を開始している。想定最大規模の降雨があった場合、区内では鶴見川や恩田川周辺や中山駅周辺などでも3〜5m未満の浸水深があることが判明した。

 新マップには、これまでの2日間で405㎜の計画規模降雨量を、ほぼ倍の792㎜に引き上げた想定最大規模降雨量の洪水浸水想定区域も掲載されている。 気象庁の統計データによると792㎜の雨は、横浜の昨年1年間の月平均降水量の約5カ月分が2日間で降る状況だ。

 避難地図はA1版両面印刷。氾濫時の危険箇所や避難場所のほか、災害情報などの入手方法、避難時の心得も記載している。

 緑区は1級河川の鶴見川、恩田川などが対象。計画規模の想定では、ほぼ全流域で浸水深3m未満のエリアが目立つが、最大規模では都筑区との区境にもなる鶴見川流域の川向町(都筑区)の一部で5〜10m未満と大きな被害が予測されている。

 また、東本郷町や青砥町、小山町の一部などでは、戸建て住宅の2階部分まで浸水する3〜5m未満の深さが想定される個所も。中には、恩田川の影響を受ける中山駅周辺や鶴見川から青砥上星川線(バス通り)の間など、多くの人が利用する駅やバス路線などでも、場所によっては浸水が想定されることがわかった。

ハザードマップを配布

 市は注意喚起のために先月下旬ごろから、浸水が想定される区域内の全世帯と事業所にハザードマップ(=写真)を配布している。また、緑区役所の総務課窓口でも新マップを配架中だ。
 

ゴルザール カーペット

ペルシャ絨毯&ギャッベ 新入荷、冬のバーゲン 30~60%オフ

https://rarea.events/event/99983

<PR>

緑区版のローカルニュース最新6

子育てサロンが200回記念

霧が丘

子育てサロンが200回記念 社会

親子の交流の場目指し

11月25日号

連続無火災で感謝状贈呈

連続無火災で感謝状贈呈 文化

十日市場団地連合自治会

11月25日号

1年半ぶりに開催

三保地区連合自治会

1年半ぶりに開催 スポーツ

ゲートボール大会

11月25日号

県交通安全功労者を表彰

県交通安全功労者を表彰 社会

感謝状を贈呈

11月25日号

コンビニ店員がお手柄

コンビニ店員がお手柄 社会

架空請求詐欺を防ぐ

11月25日号

自然豊かな長寿のまち

青葉区

自然豊かな長寿のまち 社会

11月25日号

スーパービバホーム長津田店

2階専門店街には魅力的な15の専門店があり、来店者をお出迎えします

https://www.vivahome.co.jp/nagatsuta_svh/floor/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook