緑区版 掲載号:2017年12月14日号
  • LINE
  • hatena

長津田地域ケアプラザ 「まちの図書館」設置へ 福祉施設として初

文化

「地域の本棚育てたい」と話す同ケアプラザスタッフら(中央が副嶺所長)
「地域の本棚育てたい」と話す同ケアプラザスタッフら(中央が副嶺所長)
 長津田地域ケアプラザが12月16日から、同建物内にある集会所の一角に個人が本を持ち寄る私設図書館「まちライブラリー」を設置する。本を媒介に人と人が繋がる「地域の本棚」としていきたいとしている。

 「まちライブラリー」は約6年前、森記念財団(東京都港区)に勤める礒井純充さんが提唱し、全国で設置が進んでいる。メッセージカードを付けた本を持ち寄り、自由に貸し借りできる私設図書館となる拠点を作ることで、本を媒介とした人々の新たな交流を生もうという取り組み。現在、国内500カ所以上で設置されている。

 同ケアプラザの副嶺典子所長は、提唱者である磯井さんの講演などで存在を知り、福祉の現場に設置ができないかを模索してきた。

 設置にあたっては各地で「まちライブラリー」設置のサポートなどを行う港北図書館の木下豊館長のアドバイスなどを参考に、運営のコツや、本を媒介とした「まちの賑わいづくり」について学びながら検討を重ねてきたという。

 設置場所は同ケアプラザが入る建物(長津田スカイハイツ)の第二集会所。長津田地区社協や長津田自治連合会の協力で実現した。同施設によると福祉施設での設置は市内初。

12月16日に植本祭

 12月16日には本を持ち寄り本棚に設置する「植本祭」を開催する。木下館長が港北区での「まちライブラリー」の設置例や広がりについて紹介するほか、今年6月に緑区で初めて「まちライブラリー」を設置したみどりーむの事例などについて渡辺政一緑図書館長が講演する。時間は午後2時から3時半。参加希望者は寄贈できる本を1冊以上持参のこと(参加無料)。参加には事前連絡が必要。詳細・問い合わせは、長津田地域ケアプラザ(045・981・7755/担当山口さん)。

緑区版のトップニュース最新6件

尾根道の歩行者空間確保

北八朔町

尾根道の歩行者空間確保

12月13日号

犯罪被害者支援、条例化へ

横浜市

犯罪被害者支援、条例化へ

12月13日号

中国旅行社と誘客タッグ

子どもの居場所、開所

十日市場ケアプラ内

子どもの居場所、開所

12月6日号

道路上に段差など設置

中山二丁目

道路上に段差など設置

11月29日号

シールで高齢者見守りへ

横浜市

シールで高齢者見守りへ

11月29日号

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月16日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク