緑区版 掲載号:2018年1月11日号
  • googleplus
  • LINE

戌年特別企画 警察犬の意外な素顔 県内唯一の直轄訓練所

社会

担当の警察官とたわむれる警察犬のフローラ(メス・7歳)
担当の警察官とたわむれる警察犬のフローラ(メス・7歳)
 「犬たちは仕事というより、遊びたいだけかもしれないですね」――。そう笑顔で明かすのは神奈川県警察の鑑識課「警察犬」係でキャリア14年の赤坂一彦さん。行方不明者の捜索や犯人追跡などの場面で活躍する警察犬は、そのほとんどが民間への嘱託で飼育管理されている。一方で警察直轄の訓練所も全国に25カ所あり、神奈川県では唯一栄区上郷町に置かれている。

 同所では現在、11頭のジャーマン・シェパード・ドッグと4頭のラブラドール・レトリバーを管理しており、「盲導犬とは多分正反対で、落ち着いた犬よりもいたずら好きでやんちゃな方が警察犬に向いている」と赤坂さんは話す。

 嗅覚を頼りに人や物を捜すには、強い好奇心や諦めずに捜し続ける執着心が欠かせないという。「もっと遊んでほしい、という本能や気持ちが強い方が一生懸命捜してくれるんです」

活動は「人犬一体」で

 県内の出動は年に600回を超し、昨年の内訳は行方不明者の捜索が419件で犯罪捜査が246件(11月末時点)。横浜スタジアムでのプロ野球日本シリーズなど、大規模なイベントの際には爆発物発見のための活動にも従事している。

 持ち前の嗅覚で特に夜間など暗い場所で力を発揮するが、駅前など多くの人が行き交う場所では臭いを追跡できなくなってしまう。そんな時には訓練士が誘導していき、「こっちかなと連れて歩いていると、急に反応することもある。捜すのは『人犬一体』ですね」。

 感覚が鋭い犬ほど臆病な面もある。「怖がらせないように、3歳の子どもに接するように褒めながら。でもお手柄の時は、褒めるのも忘れて抱きしめちゃいます」。地道な訓練の日々に信頼関係は育まれている。

緑区版のローカルニュース最新6件

五輪前開通へ工事着々

横浜環状北西線

五輪前開通へ工事着々

9月20日号

まちづくりを話し合う

ゴメス、加賀が引退会見

DeNA

ゴメス、加賀が引退会見

9月20日号

カフェで落語鑑賞

霧が丘商店街で縁日

個性豊かな演奏披露

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

霧が丘商店街で縁日

霧が丘商店街で縁日

22日 各種屋台が並ぶ

9月22日~9月22日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク