緑区版 掲載号:2018年6月28日号
  • LINE
  • はてぶ

武蔵ファイターズ 25年振り、緑区の頂点に 少年野球春季大会

スポーツ

優勝を決め、笑顔を見せるチームメンバーら
優勝を決め、笑顔を見せるチームメンバーら
 区内三保町を中心に活動する「武蔵ファイターズ」(池田勝徳監督)が、17日に決勝戦が行われた第86回緑区少年野球春季大会(会場=十日市場スポーツ広場)で、25年振りの優勝を果たした。

 同大会は6年生以下で行われた。同大会で武蔵ファイターズは、4ブロックに分かれて行われたリーグ戦で南長津田ジュニアジャイアンツ、竹山ヤンキース、三保ウィングスに3連勝。各ブロックを勝ち上がった4チームで行った決勝トーナメントの初戦(準決勝)の霧が丘ファイターズ戦では7―6と接戦をものにし、決勝へ。

 決勝戦は長津田クラブとの一戦。先制点を許す苦しい展開で迎えた6回、3番大山源輝選手の同点ホームランが飛び出し、途中出場8番山田祐翔選手のタイムリーで2点の勝ち越しに成功。しかし、その裏に同点に追いつかれる一進一退の攻防となった。5―5の同点のまま8回を終え特別延長を戦った結果、5(9)―5(4)で勝利した。

 池田監督は「子どもたちで決めた”Enjoy Baseball”を掲げながら、練習試合を少しでも多く重ねて、個人の弱みを克服してきた結果が勝利につながったのではないか。諦めない気持ちを共有し、全員が成長できた。チームも一つになった」と話した。

大山選手のホームラン
大山選手のホームラン

緑区版のローカルニュース最新6件

地域の力で森をきれいに

鶴見川の自然を満喫

みどり・川と風の会

鶴見川の自然を満喫

11月15日号

ウォーキングを楽しむ

区民の作品ずらり

区民の作品ずらり

11月15日号

楽器の魅力 音色楽しんで

フルート奏者岡村考二さん

楽器の魅力 音色楽しんで

11月15日号

バスケ天皇・皇后杯2次R

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

認知症考える

認知症考える

25日 十日市場

11月25日~11月25日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク