緑区版 掲載号:2018年6月28日号 エリアトップへ

武蔵ファイターズ 25年振り、緑区の頂点に 少年野球春季大会

スポーツ

掲載号:2018年6月28日号

  • LINE
  • hatena
優勝を決め、笑顔を見せるチームメンバーら
優勝を決め、笑顔を見せるチームメンバーら

 区内三保町を中心に活動する「武蔵ファイターズ」(池田勝徳監督)が、17日に決勝戦が行われた第86回緑区少年野球春季大会(会場=十日市場スポーツ広場)で、25年振りの優勝を果たした。

 同大会は6年生以下で行われた。同大会で武蔵ファイターズは、4ブロックに分かれて行われたリーグ戦で南長津田ジュニアジャイアンツ、竹山ヤンキース、三保ウィングスに3連勝。各ブロックを勝ち上がった4チームで行った決勝トーナメントの初戦(準決勝)の霧が丘ファイターズ戦では7―6と接戦をものにし、決勝へ。

 決勝戦は長津田クラブとの一戦。先制点を許す苦しい展開で迎えた6回、3番大山源輝選手の同点ホームランが飛び出し、途中出場8番山田祐翔選手のタイムリーで2点の勝ち越しに成功。しかし、その裏に同点に追いつかれる一進一退の攻防となった。5―5の同点のまま8回を終え特別延長を戦った結果、5(9)―5(4)で勝利した。

 池田監督は「子どもたちで決めた”Enjoy Baseball”を掲げながら、練習試合を少しでも多く重ねて、個人の弱みを克服してきた結果が勝利につながったのではないか。諦めない気持ちを共有し、全員が成長できた。チームも一つになった」と話した。

大山選手のホームラン
大山選手のホームラン

緑区版のローカルニュース最新6

「笑顔溢れる明るい年に」

「笑顔溢れる明るい年に」 社会

緑区賀詞交換会

1月13日号

劇団四季初のコンサート

劇団四季初のコンサート 文化

2月8日から横浜公演

1月13日号

食品の寄付を受け付け

食品の寄付を受け付け 社会

「コロナ禍で助け合いを」

1月13日号

消費生活出前講座を開催

消費生活出前講座を開催 社会

東本郷地域ケアプラザ

1月13日号

明るい未来願って

成人式

明るい未来願って 文化

3万6千人が節目

1月13日号

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook