緑区版 掲載号:2018年10月4日号
  • LINE
  • hatena

横浜創英大学の学園祭「秋桜祭」で実行委員長を務める 大澤 舞子さん 横浜創英大学看護学部3年 

みんなで楽しむ学園祭に

 ○…昨年まで、看護学部とこども教育学部が別々に企画を行っていた学園祭。「学部の垣根を越え、2つの学部が協力することでより良い学園祭を実現したい」と発案、実行委員長という「まとめ役」を引き受けた。企画会議では、全員が発言できるようなアットホームな雰囲気を作ることを心掛けた。その結果、多くの意見が出され、初企画にも多数挑戦する。「子どもが喜ぶキャラクターショーや、有名人のトークショーなど、地域の人、学生、来てくれた人みんなが楽しめる学園祭にしたい」と意気込む。

 ○…幼い頃、足が不自由だった祖父にくっついて、よく病院に行った。“病院は怖い所”。そんなイメージを壊してくれたのは、看護師の温かい対応だった。祖父の診察を待つ間、絵本を読んでくれたりしたことで、“楽しい所”に変化。明るい笑顔で、「不安」を「安心」に変えてくれる看護師が憧れとなった。

 ○…看護学部入学後、夢に向かって学びを深める日々を送る。「どのようなケアが必要かは、患者一人ひとり違う。自分の考えだけでなく、他の学生や教授の多様な意見を知ることで視野が広がった」と振り返った。今年の夏には、インターンシップで病院に。最適なケアをチームで実践する姿に感銘を受けた。今後は、実際の病院での実習も本格化するという。「自分が幼い頃に憧れた姿に少しでも近づきたい」

 ○…アイドルグループ「嵐」の大ファン。「特に櫻井君が大好き。東京ドームのライブでは、間近で見ることができた」と興奮気味に語った。学生生活も残り1年半を切り、実習や国家試験の勉強、友人との旅行など、やることは盛りだくさんだ。「まずは、学園祭。思いっきり楽しみたい」と看護師の卵にふさわしい屈託のない笑顔を見せた。

緑区版の人物風土記最新6件

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

3月21日号

新名(しんみょう) 三郎さん

地域デビューを応援する講座「人生楽笑・次代塾」を企画運営する

新名(しんみょう) 三郎さん

3月14日号

佐野 純一さん

歴史講座を開催する運営委員会の代表を務める

佐野 純一さん

3月7日号

竹平 晃子さん

NHK横浜放送局でキャスターを務める

竹平 晃子さん

2月28日号

平田 浩一さん

氷彫刻世界大会(団体戦)で最優秀賞に輝いた

平田 浩一さん

2月21日号

清家 健志さん

パソボラ緑の代表を務める

清家 健志さん

2月14日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月21日号

お問い合わせ

外部リンク