緑区版 掲載号:2018年10月11日号
  • LINE
  • はてぶ

市消防局友岡杏奈さん 女性レンジャー日々奮闘 特別救助隊で紅一点

社会

高さ7mの壁上で吊り下げ救助訓練を繰り返し行う友岡さん
高さ7mの壁上で吊り下げ救助訓練を繰り返し行う友岡さん
 市消防局の特別救助隊員「横浜レンジャー」に女性として初めて所属しているのが、仲町台消防出張所(都筑区)に勤務する友岡杏奈さん(26)だ。過酷な訓練や災害現場での活動を通じて、日々奮闘する友岡さんの姿を取材した。

 市消防局が市内18区それぞれに配置している特別救助隊。高度な知識や技術を駆使し、火災や交通事故、地震など、あらゆる災害現場で活躍する「人命救助のスペシャリスト」だ。各区で働く隊員は現在268人。友岡さんは初の女性隊員として汗を流している。

100人中36人の精鋭

 友岡さんは「災害現場で真っ先に負傷者と接触できる救助隊員になりたい」と、20歳で実家の兵庫県を離れ、消防隊発祥の地である市消防局に入局。その後、保土ケ谷や鶴見消防署などに配属され、消防隊員としてまちの消火活動などに尽力してきた。

 特別救助隊員になるには、毎年実施される選抜試験での合格が必須。しかし、握力45kg、背筋150kg以上、15回の懸垂を4秒に1回のペースで行うなど、高い基準を満たさなければならず、「体力面で女性には難しいとされてきた」と市消防局担当者は語る。

 友岡さんは昨年、応募者100人中、合格者36人の狭き門を突破。4回目の挑戦でようやく掴んだ救助隊員の道だった。「意地を貫き自主練をしてきた甲斐があった」と友岡さん。

「早く一人前になりたい」

 4月から仲町台出張所で救助隊員として鍛錬を積んできた。先月も勝田消防訓練場で、高さ7mの壁上から体重65kgの男性隊員を腰に吊り下げてロープで降下する「吊り下げ救助」などを繰り返し練習。入隊後3年間は毎年受験しなければならない、救助の基礎能力を測る試験が迫っていたこともあり熱が入っていた。

 友岡さんは「仲間の支えがあってここまでこられた。早く1人前になって人を助けたい」と力強く話した。同出張所の鈴木誠所長は「どんな現場でも不撓不屈の精神で、1人でも多くの人を救助してもらえれば」と期待を込める。

訓練後、笑顔を見せる友岡さん
訓練後、笑顔を見せる友岡さん

緑区版のローカルニュース最新6件

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

中山でハロウィーン

中山でハロウィーン

スタンプラリーで景品も

10月21日~10月21日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク