緑区版 掲載号:2018年10月18日号 エリアトップへ

鴨居在住狩野陽二さん 定年後の居場所作り綴る 2年かけ著書が完成

社会

掲載号:2018年10月18日号

  • LINE
  • hatena
自身の著書を手にする狩野さん
自身の著書を手にする狩野さん

 狩野陽二さん(鴨居在住・85歳)が、会社を定年後の20余年で「地域活動」に重点を置いて、人生を楽しんでいる体験談などを約2年間かけてまとめた著書「サラリーマン卒業生の『生涯現役』〜「地域」での居場所づくり〜」がこのほど完成した=中面に関連記事。

 完成した本のテーマは、約40年間のサラリーマン生活を終え「定年後の居場所(生きがい)づくり」。自身が定年後に取得した「健康生きがいづくりアドバイザー」としての視点で体験談などを交えながら綴られている。

 「定年後はのんびり自分の時間が欲しい」と思っていたという狩野さんだが、3カ月ほどで余暇時間を持て余してしまい、各種講演会に参加して時間を消化したエピソードも紹介されている。当時の事を「区役所は戸籍書類などを取りに行く場所で、市民講座などを開催しているとは知らなかった」と振り返った。

 定年後に失うものを「すること」「行く所」「地域での居場所」と挙げながら、「お世話になった地域でボランティアを」という妻のアドバイスを生かすために多くの資格を取得。緑区生涯学級講座への参加などをきっかけに、関心があった「まちづくり」を通して地域の居場所を作っていった。1991年4月に設立した、「鴨居駅周辺まちづくり研究会」の前身「鴨居駅周辺魅力つくり隊」の初代代表をはじめ、「鴨居原ふれあいの森」準備会(後の鴨居原市民の森愛護会)会長就任の経験や、「鴨居駅開業50周年記念事業」に関わるなどの体験談が詳細に記載されている。

 「少しでも居場所作りの参考になれば」と狩野さん。同書は、11月1日より、(株)文芸社より販売される(600円・税別)。

緑区版のトップニュース最新6

1歳枠拡大支援 鮮明に

横浜市保留児対策

1歳枠拡大支援 鮮明に 社会

対応施設に補助金

5月26日号

女子ジュニアユース発足

FCカルパ

女子ジュニアユース発足 スポーツ

中学生の受け皿に

5月26日号

女子団体で全国出場

バドミントン

女子団体で全国出場 スポーツ

監督「目指すは入賞」

5月19日号

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

ボランティアと森再生へ

GROUP創造と森の声

ボランティアと森再生へ コミュニティ社会

伐採木利用し体験企画

5月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

都筑太鼓

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

6月4日 昼・夜2回開催

6月4日~6月4日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook