緑区版 掲載号:2019年2月14日号 エリアトップへ

中山駅南口再開発 市が都市計画決定 早期の組合設立目指す

社会

掲載号:2019年2月14日号

  • LINE
  • hatena
イメージパースは中山駅南口地区市街地再開発準備組合提供(現時点での想定イメージのため、今後変更される可能性あり)
イメージパースは中山駅南口地区市街地再開発準備組合提供(現時点での想定イメージのため、今後変更される可能性あり)

 横浜市は5日、このほど行われた横浜市都市計画審議会を経て「中山駅南口地区第一種市街地再開発事業」が都市計画決定したことを明らかにした。今後は、同地区市街地再開発準備組合が事業計画を作成し、早期の市街地再開発組合設立を目指す。

 今回都市計画決定となった中山駅南口は地区内建物の老朽化をはじめ、駅前広場や路線バスなどが行きかう商店街通りの道路や歩道が狭く、危険な状態が続いていた。同地区ではこれまで、1995年度にまちづくりの検討組織「中山駅南口地区街づくり協議会」を設立。2014年度には「中山駅南口地区市街地再開発準備組合」が設立され、協議が重ねられてきた。

 対象地域は台村町・寺山町にまたがる約2・8haのエリア。A(0・5ha)・B(2・1ha)・C(0・2ha)と3地区に分け、商業施設や都市型住宅(約420戸)を整備予定。施設建築物の延べ面積は約7万2200平方メートルとなる見込みだ。また、都市計画道路や駅前広場、歩行者広場の整備などが事業概要に予定されている。

 今後については、今年度中に市街地再開発組合設立認可予定。また21年度に解体・建築工事着手。工事完了を24年度と予定している。

地元住民も「期待」

 中山駅利用者などからは「北口に続いて南口周辺が整備され、これまでよりも安全になることを望んでいる」「大きな住宅ができれば転入者が増え、新たな賑わいにつながるのでは」といった声が聞かれた。

 また、同準備組合の三好吉清理事長は「これでひとつの区切りがついたと思っている。これからも着実に一つひとつ進めていきたい」と話した。

現在の駅前周辺(10日撮影)
現在の駅前周辺(10日撮影)

緑区版のトップニュース最新6

アートパークで2日間

長津田音祭り

アートパークで2日間 文化

ジャズ企画も実施決定

11月14日号

県内不足数、3万人超

看護職員

県内不足数、3万人超 社会

厚労省が2025年推計公表

11月14日号

和洋の垣根超えコラボ

マルヤそら

和洋の垣根超えコラボ 経済

ラムレーズンで商品開発

11月7日号

内水氾濫に備え、下水強化

横浜市

内水氾濫に備え、下水強化 社会

多面的に対策推進

11月7日号

いじめ認知件数、過去最多

公立小中学校

いじめ認知件数、過去最多 教育

市調査で前年比2割増

10月31日号

地域交流の思い広がる

いぶき野太田さん宅

地域交流の思い広がる 社会

コミカフェの利用者増

10月31日号

高まる重要性 活用に本腰

ハザードマップ

高まる重要性 活用に本腰 社会

市、「規模超え溢水ある」

10月24日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク