緑区版 掲載号:2019年2月28日号 エリアトップへ

東日本大震災を忘れない【3】 「南三陸町が好きだから」 ツルセミ十日市場校 大西康友さん  

社会

掲載号:2019年2月28日号

  • LINE
  • hatena
自身の活動を振り返る大西さん
自身の活動を振り返る大西さん

 「帆立が美味しい。何より、人が温かくて、何回も訪れたくなる」と宮城県南三陸町の魅力を語る。ツルセミ十日市場校で講師を務める大西康友さんだ。だが、東日本大震災発生以前は、都内に住んでいた大西さんとは関わりのない地域だった。

 震災発生時に大学1年生だった大西さん。「何か役に立ちたい。自分の目で今の状況を確かめたい」と同町の災害ボランティアセンターに飛び込み手伝いを始めた。がれきの山、倒壊した建物。悲惨な現実が目の前には広がっていた。

 だが、そんな現実よりも印象に残っていることがある。「今日も一日“笑顔”で頑張りましょう」。当時の同センター長を務めていた男性が毎日言い続けていた言葉だ。センター長自身の妻も行方不明の中、「必死に前を向こうというエネルギーが凄かった。自分が励まされるくらい」と振り返った大西さん。「役に立ちたいと思って訪れたのに、自分が前を向く町民の姿に元気をもらう結果となって帰ってきた」

温かい人がいる

 その訪問から、大西さんにとって、南三陸町は特別な町となり、その後、何度も足を運んだ。理由はシンプルだった。「また、南三陸町の温かい人たちに会いたい」。いつしか「よく来たなぁ。おかえり」と言われる関係になっていった。

 「大学生なんだから、子どもに勉強教えてよ」。南三陸町でボランティア中に保護者から言われた何気ない一言。その言葉をきっかけに、現在の塾でアルバイトを始めた。「経験を積んで、自分が何か役に立てることを見つけたくて」と笑う。「教えることの楽しさ」に出合い、そのまま同塾に就職を果たした。

 東日本大震災から8年が経った今も同塾に通う生徒には、自身の南三陸での経験を伝える特別授業を行っている。2年前には、初めて同町で子どもに勉強を教えるボランティアも経験。「やっと恩返しができたかな」とにこり。また、今も頻繁に連絡を取り続ける人がいる。「塾の先生なんでしょ。子どもの進学の相談に乗ってよ」。そんな連絡に思わず笑みがこぼれる。再び、大好きな町に足が向いていた。

公明党横浜市議団

女性の生きづらさ解消へ支援 「生理の貧困」受け、市内で無料配布

https://www.masaharu.info/

<PR>

緑区版のローカルニュース最新6

ヘルスメイト受講生募集

ヘルスメイト受講生募集 文化

申込みは30日まで

6月24日号

ベリーダンスで地域巡る

ベリーダンスで地域巡る 文化

7月5日から申込み受付

6月24日号

小原翼選手現役引退へ

横浜ビー・コル

小原翼選手現役引退へ スポーツ

「地元横浜でやり切った」

6月24日号

聖火、公道走行中止に

聖火、公道走行中止に スポーツ

セレモニーは実施予定

6月24日号

横浜に「恩返ししたい」

横浜に「恩返ししたい」 スポーツ

体操 白井健三さんが引退

6月24日号

40周年で思い出募集

金沢動物園

40周年で思い出募集 社会

入園券など応募特典も

6月24日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter