緑区版 掲載号:2019年3月14日号
  • LINE
  • hatena

東日本大震災を忘れない【5】  「”心の復興”はこれから」 シンガーソングライター 木村真紀さん

文化

復興応援CDを持つ木村さん
復興応援CDを持つ木村さん

 「大変なことが起こった」。シンガーソングライターの木村真紀さんは、緑区にある自宅のテレビで生々しい大津波の映像を呆然と見つめていた。

 予定されていたコンサートなどの仕事はすべてキャンセルになっていき、ぽっかりとできた時間。「何ができるだろう」と考えた。「私には歌しかない」と自然にピアノへと向かっていた。

 そして、できた『祈り』という曲。「悲しみに暮れる人たちに希望の光となれば」。そんな思いを込めた曲に心打たれた人がいた。無償で出演した宮城県の中学校で行われた合唱祭。曲が終わると、多くの地域住民が駆け寄ってきた。「素敵な歌をありがとう。また、来てね」。そのように言われた日から東北へ何十回と通っているという。

打ち明けてくれた言葉

 そんな日々で出会った男の子は、今年1月に成人の日を迎えた。「お祝いを言いに行こう」と駆け付けた。東日本大震災の時、彼は、自宅で大津波に襲われていた。目の前で母親も流されていったという。だが、彼が、そのことを口に出せたのは最近のことだ。「仲良くなった私たちにも長い間、打ち明けてくれなかった。やっと、言葉に出してくれるようになった。少しずつ、”心の復興”の芽が育っていると思う」と木村さんは話した。

 「でもね」と続ける。「まだ、前を向いて歩こうと思えない人だって、たくさんいる。心の復興はこれからだと思う」と語気を強めた。

 「歌でずっと寄り添っていたい」と木村さん。東日本大震災から8年が経つ。長年の間、東北へ向かう理由を木村さんに聞くと、「会いたい仲間がいるから。会いに行かずにはいられないんですよね。私のコンサートを待っている人もいるから」と微笑んだ。  (連載終わり)

緑区版のローカルニュース最新6件

減少する商店街 賑わいへの鍵

平成の横浜を振り返る【1】

減少する商店街 賑わいへの鍵

4月18日号

「子育て中の声」集め報告書に

両陛下がこどもの国に

1000人を無料招待

コンサート

1000人を無料招待

4月18日号

本番に向け練習開始

衣装まとい稚児行列

福泉寺墓苑 新区画

墓石付き墓地98万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

4/22家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

青木ハウジング㈱

ラジオCMでお馴染み!中山駅前の不動産屋です

https://www.aokihousing.co.jp/

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大さん橋で改元イベント

大さん橋で改元イベント

「令和」の人文字 参加者募集

5月1日~5月1日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク