緑区版 掲載号:2019年4月25日号 エリアトップへ

平成生まれの挑戦者たち 最終回 「日本を知り尽くしたい」 留学生 ローレンさん 18歳

文化

掲載号:2019年4月25日号

  • LINE
  • hatena

 緑区にゆかりのある平成生まれの挑戦者を連載で紹介する。最終回は、霧が丘高校に通う留学生ローレンさん(18)=写真=の挑戦を追いかけた。

 とても日本語を学び始めて1年足らずとは思えないほど、流暢な日本語を話す。ローレンさんは、米国のウィスコンシン州出身。「とても田舎だった。いつも同じ毎日の繰り返しで退屈だった」。そんな日常を変えたいと思っていたという。

 日本を知ったきっかけは、子どもの頃から親しんだアニメや漫画だった。いつしか、アニメーションを描くことが夢となっていた。「日本へ行ってみたい」。そんな熱意もあり、学校の推薦を受けて、霧が丘高校へ1年間留学することとなった。昨年の8月に初めて日本へ。最初は、日本語もほとんど分からなかったが、積極的に様々な挑戦を行っている。

果敢な挑戦の日々

 霧が丘校生と同じ生活を送る。もちろん、授業も。定期テストも日本語で受けているほどだ。「問題を少し読めるようになった」と誇らしげな表情を見せた。帰宅後も日本語を熱心に勉強する努力家だ。

 部活は、山岳部に入部。周りは全員男子だが、負けじと日々のトレーニングに励んでいるという。

 また、家庭科研究部の活動にも参加。日本語で教えてもらいながら、調理に挑戦したことも。「ホタルイカのパスタなどを作ったよ」とにこり。

 米国には、7月に帰国する予定。今では、すっかりクラスメイトの一員になっている。「日本を離れるのが寂しい。まだまだ挑戦したいことがある」。限られた時間の中で、挑戦したいのは、着物の着方を学ぶことだという。

 「米国に帰っても、大学に進学して、日本をもっと勉強したいな」と”日本熱”はまだまだ冷めないようだ。

緑区版のローカルニュース最新6

延べ3300人が参加

延べ3300人が参加 スポーツ

山下地区体育祭

10月17日号

50周年記念コンサート

50周年記念コンサート 文化

27日 緑公会堂

10月17日号

訂正

訂正 社会

10月17日号

資料とモノでたどる緑区

資料とモノでたどる緑区 文化

図書館で31日まで

10月17日号

生徒が縫った雑巾を贈呈

生徒が縫った雑巾を贈呈 社会

霧が丘高校が交流

10月10日号

稲刈りで実りの秋実感

稲刈りで実りの秋実感 文化

新治 谷戸の田んぼ

10月10日号

コンサート中に避難訓練

コンサート中に避難訓練 社会

みどりアートパークで

10月10日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク