緑区版 掲載号:2019年7月18日号 エリアトップへ

白山高校放送部 県予選勝ち抜き全国へ 創作テレビドラマ部門で

文化

掲載号:2019年7月18日号

  • LINE
  • hatena
大会前に笑顔の部員たち
大会前に笑顔の部員たち

 県立白山高等学校放送部が、7月23日(火)から行われる「第66回NHK杯全国高校放送コンテスト」(創作テレビドラマ部門)に初出場する。同校は6月に行われた神奈川県大会で全国大会出場条件となる2位となった。

 同部顧問の前里崇徳教諭によると、現在21人が所属する放送部だが、現在の3年生が入部する前年の部員はわずか1人だったという。その後は徐々に放送部としての知識を身に付け、昨年の県大会では4位入賞。審査員からの「台詞が棒読みで感情がこもっていない」という厳しい評価を糧に、全国大会出場を目標に活動を継続してきた。

テーマは嫉妬

 神奈川県大会の「創作テレビドラマ部門」には、県内から15校がエントリーした。制作は今年の1月から開始。作品制作に携わった13人が脚本を書き皆で話し合った結果、前川綺那さん(3年)の脚本「Re:START」に決定した。テーマは嫉妬。中学校から仲の良かった2人の女子高生と、高校から仲良くなったもう一人を加えた3人の友情や、親友に対しての思いやりの心などが表現されている。

 主演を務めた小本菜々香さん(同)と遠山こと美さん(同)によると、演技や台詞の感情の入れ方などに力を入れたという。また、より良い作品にするために10回以上の脚本修正を重ねている。整音などを担当した新山幹也くん(同)が「作品が完成したのは県大会当日の朝だった」と話すように、最後までこだわり抜いた。

 小本さんらは全国大会を前に「やるべきことはやった。一つでも上の順位がつけば嬉しい」と話した。

 全国大会は23日に都内の国立オリンピック記念青少年総合センターで幕を開ける。同部門には全国から約100校が集結。各校は”放送部の甲子園”とされるNHKホールで25日(木)に行われる決勝進出を目指す。

横浜市緑区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

緑区版のトップニュース最新6

植物盗掘などマナー低下

新治市民の森

植物盗掘などマナー低下 社会

「最低限のルール守って」

5月21日号

軽症者用施設を開所

新型コロナウイルス

軽症者用施設を開所 社会

市、旧市民病院を活用

5月21日号

医療従事者の足を支援

レンタル819

医療従事者の足を支援 社会

50ccバイク無償貸し出し

5月14日号

市内外国人への支援拡充

横浜市

市内外国人への支援拡充 社会

パシフィコに日本語拠点

5月14日号

テイクアウト店を紹介

横浜FM

テイクアウト店を紹介 社会

【Web限定記事】HPにオリジナルマップ

5月8日号

医療従事者にマスクを

TEAMCEER

医療従事者にマスクを 社会

支援金170万円を募る

4月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

  • 3月12日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月21日号

お問い合わせ

外部リンク