緑区版 掲載号:2019年8月1日号 エリアトップへ

地元企業13社 郵便ハガキで詐欺防ぐ 1万4000枚を配達

社会

掲載号:2019年8月1日号

  • LINE
  • hatena
配達されるハガキ
配達されるハガキ

 振り込め詐欺被害を未然に防止するための注意喚起文言を記載した郵便はがきを、地元企業13社が作成した。本日から区内全域へ配達される。「区内の詐欺件数は過去最悪ペース」と緑警察署は注意を促す。

 今年に入ってから区内で発生した振り込め詐欺件数は、7月29日現在で44件(前年比17件増)。被害件数が最も多かったのは2017年の年間65件。このままのペースで推移すると、過去最多の被害件数となる見通しだ。

 少しでも詐欺被害を減らそうと、地元企業13社が協力して作成した郵便はがきは1万4000枚。

7月22日には、協賛企業から郵便はがきが緑警察署に贈呈された。その後、緑郵便局を通じて区内全域に配達される予定だ。

 協賛企業の1つである大丸工業株式会社の田辺史朗代表取締役は「1件でも詐欺がなくなればうれしい。継続して協賛していきたい」と述べた。

 郵便はがきには、「警察官、デパート、金融機関をかたる詐欺が増えています。警察官や金融機関などは銀行口座の暗証番号を絶対に聞きません。電話でキャッシュカードの話はサギです」と記載されている。

 また、呼び出し音が鳴る前に「通話内容を録音します」という旨のメッセージが流れ、自動録音もされる「迷惑電話防止機能付電話機」の設置を呼びかける文言も書かれている。

 今回配達される郵便はがき1万4000枚のうち1枚には、当選はがきがある。そのはがきを受け取った人には、緑・事業所防犯協会(村松勇治会長)が寄贈した同電話機が贈呈される。

 同協会の村松会長は「迷惑電話防止機能付電話機は詐欺を防止する効果が高いと聞いている。少しでも取り付けが進めばうれしい」と話した。

 協賛企業は以下の通り(順不同)。横浜みどりの里・森おたすけ隊、株式会社チュウバチ、日本舗材株式会社、有限会社串田設備、竜南土木工業株式会社、大自然株式会社、緑遊技場組合、グランドマスト横浜鴨居(ツクイ)、フィールドアスレチック横浜つくし野コース、株式会社鴨居自動車学校、グループホームはつはる、ケアショップアイティーオー、大丸工業株式会社

協賛企業関係者ら
協賛企業関係者ら

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

福祉クラブ生協 ほっぺ保育室

横浜市乳幼児一時預かり、4月からスタートします

https://hoppehoikushitsu.jimdofree.com/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6

安全対策工事進む

区内交差点

安全対策工事進む 社会

車止めなど設置

2月25日号

市特定健診 受診率が低迷

市特定健診 受診率が低迷 社会

コロナによる控え顕著に

2月25日号

集団か個別 選択・予約へ

【Web限定記事】横浜市ワクチン接種

集団か個別 選択・予約へ 社会

各区の会場を発表

2月18日号

「花を摘み取らないで」

【Web限定記事】

「花を摘み取らないで」 社会

公園に中山小児童の看板

2月18日号

救急出場12年振り減少に

緑区

救急出場12年振り減少に 社会

火災10年平均下回る

2月11日号

初級日本語教室を開催

外国人向け

初級日本語教室を開催 文化

地域の人と交流目指す

2月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク