緑区版 掲載号:2019年8月15日号 エリアトップへ

四季の森公園 公民連携で整備検討 収益施設の市場性など調査へ

社会

掲載号:2019年8月15日号

  • LINE
  • hatena
Park-PFIの区域となる展望広場
Park-PFIの区域となる展望広場

 神奈川県は現在、県立都市公園に民間活力を生かして公園の整備・管理や利用促進を図る、公募設置管理制度(Park-PFI)※の活用を検討している。「四季の森公園」(緑区・旭区)と「観音崎公園」(横須賀市)をモデルケースに収益施設の市場性の有無などの調査を進めていく。

 神奈川県内にある県立都市公園は現在27カ所。県は昨年10月から今年3月にかけて、これらの公園に対して、Park-PFIを活用するための調査を実施。民間事業者からは「飲食・物販」「バーベキュー」「宿泊」「キャンプ」「アスレチック」などの収益施設の設置などの提案があった。

11月に調査結果公表

 同調査の結果を踏まえ県は、実現性が高いと判断した「四季の森公園」と「観音崎公園」をモデルに2回目の調査に取り組んでいる。先月30日には、両公園を対象に説明会を実施。今後、民間事業者からの提案に対し個別にヒアリングを行い、11月中旬に調査結果の概要を公表する予定だ。

対象区域は展望広場

 四季の森公園は緑区寺山町と旭区上白根町にまたがる、里山の体験や豊かな自然を体感できる風致公園。総面積約45・3haのうち、Park-PFIの対象区域に想定されているのは、展望広場の約3300平方メートル。カフェなどの飲食施設などが想定されている。県土整備局都市部都市公園課の担当者は「公園利用者にとってサービスの充実、利便性の向上や公園管理の財政負担軽減につながれば」と話す。

※公募設置管理制度…民間事業者などの資金やノウハウを活用し、公園の整備・管理を行う制度。管理委託を受ける民間事業者などの事業期間が最長10年から20年に延伸することで、幅広いサービスが提供しやすくなる。

緑区版のトップニュース最新6

1歳枠拡大支援 鮮明に

横浜市保留児対策

1歳枠拡大支援 鮮明に 社会

対応施設に補助金

5月26日号

女子ジュニアユース発足

FCカルパ

女子ジュニアユース発足 スポーツ

中学生の受け皿に

5月26日号

女子団体で全国出場

バドミントン

女子団体で全国出場 スポーツ

監督「目指すは入賞」

5月19日号

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

ボランティアと森再生へ

GROUP創造と森の声

ボランティアと森再生へ コミュニティ社会

伐採木利用し体験企画

5月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

都筑太鼓

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

6月4日 昼・夜2回開催

6月4日~6月4日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook