緑区版 掲載号:2019年9月5日号 エリアトップへ

「津波の脅威感じた」 鴨居中生徒が被災地研修

教育

掲載号:2019年9月5日号

  • LINE
  • hatena
大平山霊園を見学する生徒ら(鴨居中学校提供)
大平山霊園を見学する生徒ら(鴨居中学校提供)

 横浜市立鴨居中学校(齋藤浩司校長)の生徒10人が8月20日、東日本大震災で被害を受けた福島県を訪れ、研修を行った。

 東日本大震災による福島の現状をふまえて、エネルギーと自分たちの未来について考えることを目的とした今回の研修は同校独自に企画。現地の(一社)あすびと福島の協力で実現したもの。同校の生徒会役員と学級委員10人が参加。南相馬市の中学生3人も加わった。

 研修では福島県内の大熊町や双葉町などの避難指示区域を回り、バス内から見学。また、避難指示解除地区の浪江町や請戸地区では、津波で流された墓地を移転して整備された大平山霊園のほか、津波発生時に大平山に避難し全校生徒が助かったという請戸小学校跡地、風力・ソーラー・火力発電施設などを間近で見学。最後に参加生徒でグループワークを実施した。

 同校の井上想生(そな)さんは「悲惨な事が起こったということはテレビでしか見たことがなかった。実際に行ってみて津波の高さや脅威など分かったことがたくさんあった」と話し、石塚悠菜さんは「がれきの下敷きになった人を避難指示の関係で助けられなかった話を聞いて辛い気持ちになった。再生可能エネルギーの可能性や課題を多くの人に伝えていくことが大切と感じた」と語った。

 齋藤校長は「被災地での研修はとても大きな学びになったと思う」と話し、10月に全校発表を予定しているという。

サービス付き高齢者住宅

優良施設「和楽久シニアレジデンス長津田」で見学随時受付中

http://mattou.jp/

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

<PR>

緑区版のローカルニュース最新6

食料を募集中

食料を募集中 社会

緑区社協で

7月2日号

HPで情報積極発信中

中山地域ケアプラザ

HPで情報積極発信中 文化

「ぜひ、見てほしい」

7月2日号

県合唱コン リモート開催

県合唱コン リモート開催 文化

8月31日まで募集

7月2日号

感染症対策を可視化

感染症対策を可視化 社会

県が事業者向けに

7月2日号

マスク、状況に応じ着脱を

マスク、状況に応じ着脱を 社会

熱中症対策で市消防局呼びかけ

7月2日号

3年間の軌跡

中学・高校部活動紹介

3年間の軌跡 教育

星槎学園北斗校・星槎吹奏楽団

7月2日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

慈眼寺墓苑 樹木葬墓地完成

1区画(3霊)30万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク