緑区版 掲載号:2019年9月5日号 エリアトップへ

「津波の脅威感じた」 鴨居中生徒が被災地研修

教育

掲載号:2019年9月5日号

  • LINE
  • hatena
大平山霊園を見学する生徒ら(鴨居中学校提供)
大平山霊園を見学する生徒ら(鴨居中学校提供)

 横浜市立鴨居中学校(齋藤浩司校長)の生徒10人が8月20日、東日本大震災で被害を受けた福島県を訪れ、研修を行った。

 東日本大震災による福島の現状をふまえて、エネルギーと自分たちの未来について考えることを目的とした今回の研修は同校独自に企画。現地の(一社)あすびと福島の協力で実現したもの。同校の生徒会役員と学級委員10人が参加。南相馬市の中学生3人も加わった。

 研修では福島県内の大熊町や双葉町などの避難指示区域を回り、バス内から見学。また、避難指示解除地区の浪江町や請戸地区では、津波で流された墓地を移転して整備された大平山霊園のほか、津波発生時に大平山に避難し全校生徒が助かったという請戸小学校跡地、風力・ソーラー・火力発電施設などを間近で見学。最後に参加生徒でグループワークを実施した。

 同校の井上想生(そな)さんは「悲惨な事が起こったということはテレビでしか見たことがなかった。実際に行ってみて津波の高さや脅威など分かったことがたくさんあった」と話し、石塚悠菜さんは「がれきの下敷きになった人を避難指示の関係で助けられなかった話を聞いて辛い気持ちになった。再生可能エネルギーの可能性や課題を多くの人に伝えていくことが大切と感じた」と語った。

 齋藤校長は「被災地での研修はとても大きな学びになったと思う」と話し、10月に全校発表を予定しているという。

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

緑区版のローカルニュース最新6

消防音楽隊の指導受ける

十日市場中吹奏楽部

消防音楽隊の指導受ける 社会

23日 ららぽーとで演奏会

9月19日号

怒らない方法を伝える

怒らない方法を伝える 文化

栗原加代美氏が講演

9月19日号

鴨居駅周辺で査察

鴨居駅周辺で査察 社会

ラグビーw杯を見据え

9月19日号

一部を保存、ホテルに

現市庁舎

一部を保存、ホテルに 社会

エンタメ施設やオフィス、大学も

9月19日号

縄文時代の落とし穴とは

縄文時代の落とし穴とは 文化

横浜の遺跡展で講演会

9月19日号

認知症を防ぐために

認知症を防ぐために 文化

10月11日に講演会

9月19日号

「ヴェネチア室内合奏団」公演

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月19日号

お問い合わせ

外部リンク