緑区版 掲載号:2019年9月26日号 エリアトップへ

人生100年時代 「これから」をアクティブに 人生100年時代をどう生きる?

社会

掲載号:2019年9月26日号

  • LINE
  • hatena

 人生100年時代を迎え、老いても趣味や消費に意欲的な「アクティブシニア」という生き方に関心が高まっている。一方で「老後2000万円問題」など生活の不安も残る。いつまでも元気に、自分らしく生きるにはどうしたらよいのか。そのヒントを探った。

 厚生労働省の2018年の調査によると、現在100歳以上の高齢者は全国で約6万9千人に上り、この20年間で約6・8倍も増えた。

 また、横浜市の調査では、2010年の市全体の男性平均寿命は80・42歳、女性は86・98歳で、いずれも全国平均より高い。元気なシニアの活躍が地域を盛り上げるカギになる。

老後にしたいことは?

 タウンニュースが60歳代以上の読者に行ったアンケートによると、老後にやってみたいことの1位は男女ともに「旅行」。2位以下は男性が「パソコン・スマホ」、「運動」、「ボランティア・地域活動」、「投資・株」と続き、女性は「運動」、「終活・生前整理」、「グルメ・料理」、「ボランティア・地域活動」だった。回答理由を見ると、「旅行を楽しむ体力を維持するために運動しておきたい」という声もあり、「健康あってこそ」という意識もうかがえる。

 また、行政もアクティブシニアを地域の活力にと注目している。神奈川県では「かながわ人生100年時代ネットワーク」を結成し、地域活動やボランティアで活躍するシニアを紹介。今後もシニアの参加を促していきたいとしている。

不安は終活で解決を

 老後を楽しく生きるためにも大切なのが「終活」。老後の資金やお墓、相続に加え、昨今では免許返納なども考えておくべき課題にあがっている。行政や金融機関でセミナーも多種開催されている。安心を得る早めの行動がカギになりそうだ。

緑区版のローカルニュース最新6

疫病退散願い、どんど焼き

東本郷地区連合自治会

疫病退散願い、どんど焼き 文化

鶴見川河川敷で開催

1月21日号

パパが子育て学ぶ

パパが子育て学ぶ 文化

2月13日に中山ケアプラで

1月21日号

「球団10年目を飛躍の年に」

(株)横浜DeNAベイスターズ

「球団10年目を飛躍の年に」 スポーツ

岡村社長 新春インタビュー

1月21日号

玲泉さんの書を展示

玲泉さんの書を展示 文化

1月末まで

1月21日号

3万7千人が節目

成人式

3万7千人が節目 教育

感染対策徹底し開催

1月21日号

世界を魅了する影絵集団

キニナル?アート美術館

世界を魅了する影絵集団 文化

〜都筑区編〜

1月21日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月17日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク