緑区版 掲載号:2019年10月31日号 エリアトップへ

新治小 全校児童で130周年祝福 新キャラクターも発表

社会

掲載号:2019年10月31日号

  • LINE
  • hatena
表彰を受ける児童(右)
表彰を受ける児童(右)

 横浜市立新治小学校(宮本雅司校長、児童数227人)は25日、「130周年を祝う会」を同校体育館で実施した。

 会の中では、夏休みの期間で児童や卒業生らから募った「新治小キャラクターコンテスト」の結果を発表。27作品の中から遠田さん(6年)が考えた「にいはるん」に決定した瞬間、会場からは拍手が起こった。松原靖彦PTA会長から表彰されると、「選ばれると思ってなかったから嬉しい。新治の周りの自然と学校をイメージしました」と遠田さんは話した。

 その後は、寸劇を交えながら新治小の歴史について学ぶ時間が設けられ、1889年(明治22年)に新治村区立尋常旭小学校として創立され、創立当時は民家を借りていたということや、関東大震災では新治村にあった760軒のうち124軒が壊れてしまったことなどが発表されていた。また、5・6年児童によるソーラン節の披露や、卒業生による講話が行われ、130周年を祝った。

 会の終わりに宮本校長は「恵まれた環境の中にこうしていられることや多く方に囲まれながらこうした会を開くことができて嬉しく思う。自分や周りの友達を大切にして、素敵な大人になってほしい」と語った。

ソーラン節を踊る5・6年生
ソーラン節を踊る5・6年生

緑区版のローカルニュース最新6

4月以降は上昇傾向か

横浜市景況調査

4月以降は上昇傾向か 経済

飲食・宿泊業は厳しさ続く

1月20日号

子どものSNS使用法は?

子どものSNS使用法は? 社会

現場の声聞く講座

1月20日号

30周年に意気込み

横浜F・マリノス

30周年に意気込み スポーツ

新体制発表

1月20日号

緑区スポーツ人の集い

緑区スポーツ人の集い スポーツ

2月5日開催予定

1月20日号

獅子舞で悪魔払い良年に

獅子舞で悪魔払い良年に 文化

鴨居で200年続く行事

1月20日号

講座参加者を募集

インクルーシブダンス

講座参加者を募集 文化

4月から開講

1月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook